Top  オフィシャルメールマガジンについて

オフィシャルメールマガジン

 

 

勝間和代が日々の気付きや、考えたこと、耳よりな情報などをお届けしていく人気の無料コンテンツです。是非お気軽にご登録ください。

 

オフィシャルメールマガジンを購読する

メールマガジンサンプル

これまでのバックナンバーはこちら


結局、ノートパソコンもタッチパネル式に戻しました


2月24日 土曜日

こんにちは、勝間和代です。ノートパソコンを一時期持ち歩いていなかったの、再びレッツノートを復活させたのですが、そのレッツノートに1つ大きな問題がありました。それは何かと言うと、タッチパネルがないのです。

そしてiPadとか家でタッチディスプレイを使っているので、どうしても無意識に何度も画面を触ってしまって、そして画面を触っても反応しないと言う事1日数回繰り返していました。

もちろん理性でそれを抑えることができるのですが、1日ノートパソコンを使っている間、触らないと言うことに気を使うのに疲れてしまいました。

なので、もともと使っていたRZと言うタッチパネル式のノートパソコンを再びセットアップしてみたのですが、いかんせん、2014年のパソコンなので、ちょっと古くて反応も悪いし、さすがにキビキビと動きません。

そこでしばらく考えて、結局XZと言う最新式の、タッチパネルのついたレッツノートを買い直すことにしました。今使っているレッツノートは、寝室のノートパソコンに移します。

なぜ前回レッツノートで、XZを買わなかったかと言うと、ものすごく高かったからです。300,000円近くします。なので一旦諦めたのですが、今回XZの最新式が発売になって、一つ前の型が少し安くなったので、こちらを買うことにしました。

そのため、持ち歩くパソコンで私がタッチを触ってしまって動かないって事は無くなりました。よかったです。寝室のパソコンは、タッチディスプレイをつないでいるので、こちらもタッチができるようになりましたので、これで私のノートパソコンや家にあるパソコンが全部タッチ式で統一されました。

まぁ、毎日使うものなので、ここには投資をしようかなと思っています。XZを持ち歩いているときは、普段はリモートマウスでiPhone Xを使って音声入力をしています。ただこのリモートマウスの問題は、会議室などではできるのですが、カフェなど外部ではできないことです。

カフェ等公開の場でも音声入力ができる良い方法と言うのも、いろいろ考えていきたいと思います。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------
「夢が生まれた日」
(しづの 京都市在住 40代 主婦)

「肺に、腫瘍ができてますね」

ある日、夏バテを疑って受診した病院で、唐突にこう告げられた。当時の私は30代半ば、娘は幼稚園に入ったばかりだった。

突然のことに呆然としながらも、頭のどこかは冷静に、「この歳で肺がんなら、おそらく今年いっぱいだな」と自分の期限を計算する。
それから、娘の世話の事が頭に浮かぶ。私の治療が始まったら、娘の世話は誰がするのか、幼稚園のお迎えはどうするのか。 
これを頼めるのは母しかいないのだが、母はこの事実を知れば錯乱しかねない。どうすれば、本当の事を言わずに、娘の世話を頼めるだろう?

 気が付くと、「どうやって母に事実を伏せたまま、手伝いに来てもらえるか?」そのことばかりを考えていた。

小説や映画ではこんな場合、主人公は大抵、自分が本当にやりたかったことが何だったのかを突如として自覚し、その実現に動きはじめたりするものだ。
しかし私は、この期に及んでもそんな「夢」は一つも思い浮かばない。娘の成長を見届けられないことは心残りではあるが、それよりも今、頭の中にあるのはほぼ「幼稚園のお迎え問題」のみであった。

我ながら、苦笑した。やり残したことが一つもない、充実した人生だったと思いたいところだが、そんなことはない。普通に学校を出て、ちょっと働いて結婚して子育てしているというだけだ。自分らしい人生とか、やり遂げたいと思うようなことはまるでなく、ただ、何気なく生きてきただけなのだ。生に執着がないから、死にも執着がない。死ぬこと自体は怖くはなかった。ただ、そこまでの段取りに、ちょっと困っているところなのである。

数日後の検査の結果、私の病名は「マイコプラズマ肺炎」と確定した。頭を抱えていた「お迎え問題」は自然消滅して、今日も私は生きている。目の前にあった「死」が遠ざかってホッとした一方、自分には夢がないのだという事実だけはしっかりと残ったという、何とも情けない結末となった。

勝間塾に入ったのは、肺がん疑惑事件から数年後の事である。
動機は好奇心。そこは、ドリームキラーがいないところだった。みんな自由に夢や目標を語り、応援し合っている。
しかし私は、そんな場所にいても相変わらず夢も目標もなく、著者になる気も起業する気もさらさらなかった。「みんなすごいな〜」と思いながら、それぞれの夢をまぶしく眺めていた。

「本当に、文章書くのが好きなんですね〜!」
ある日、こう言われて驚いた。そうか私、書くことが好きなのか。
初めて、自分の「好き」で「得意」なことに気が付いた瞬間。
そこでブログを開設してみると、塾生のみんなが「面白い」と褒めてくれた。嬉しかった。

拙ブログ「日常生活」
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=95577&m=175424&v=bd34e6c5

「印税が入ったら、ごちそうしてください」
そう言われたのは、ブログ開設間もない時代祭の日。
印税って、本出さなきゃダメじゃん!そんなの無理!と思ったのだが、なぜか口は勢いづいて
「分かりました!初めての印税が入った暁には、ごちそうさせていただきます!」
と言っていた。

夢が出来た、瞬間だった。

夢は、突然湧いてくるものだけではない。動いてみて、試してみた先に、徐々に形作られてくるものもある。
私の場合は、勝間塾のみんなに作ってもらった。一人では、出来なかった。

あの夏の日、自分の期限を計算しながらそこに何の思いも抱けなかった私が、今はもう、時代祭の日の約束を果たすまでは、ガン宣告されようがなにしようが、死ぬわけにはいかないと思っている。そのために出版される本の、出版記念サイン会の会場まで塾生の方が決めてくれているから、なおの事だ。

一足飛びにサイン会という訳にはいかないが、徐々に書く場所も増えてきた。
この流れの先に、私が晴れて本を出版した際には、皆さんにはぜひ私の本を買ってサイン会に足を運んでいただき、夢の実現に協力して欲しいと、切に願う次第である(笑)

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの大幅な年収アップや、資格取得、起業や出版、資産形成などをサポート。
男女比は半々でオフ会やイベントも盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=95578&m=175424&v=30deb05f
勝間塾のお申込みはこちらから
※月のどこのタイミングで入会されても、そこから1ヶ月単位で課金が始まりますし、サービスも始まりますので、入会は月初でなくても大丈夫です。

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=95578&m=175424&v=30deb05f
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの大幅な年収アップや、資格取得、起業や出版、資産形成などをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。

※月のどこのタイミングで入会されても、そこから1ヶ月単位で課金が始まりますし、サービスも始まりますので、入会は月初でなくても大丈夫です。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=95579&m=175424&v=d7c316c8
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。

--------------------------
友だちにこのメールマガジンの登録を勧める
---------------------------

こちらのメルマガは無料です。くすっと笑ってしまうような話や、なるほどと思う話が多いと思った方はぜひ、下記のアドレスから、友人にメルマガ登録を推奨ください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=95580&m=175424&v=75a00def


オフィシャルメールマガジンを購読する