Top  ニュース  月間アーカイブ2015年08月

ニュース:月間アーカイブ 2015年08月

電車で紙を読んでいる人が激減しています

登録日:2015/08/31
カテゴリ:メールマガジン

8月31日 月曜日

こんにちは、勝間和代です。

最近、電車で1車両で何人が、紙の書籍・雑誌を読んでいるのか、数えるようにしていますが、ここ1年、ほんとうに激減しています。

だいたい、山手線とか、メトロで、1車両に1人、いるか、いないか、です。後の人は、半分近くがスマホ、残り半分の人が寝ている、という感じです。

少し前まで、1車両にさすがに5人くらいはいたので、ほんとうに、びっくりするくらいの激減です。

私も、スマホがiPhone6になったら、かなり使っても電池が持つようになったので、ますます車内もスマホになってしまいました。

家ではさすがに紙をよく読みますが、厚い本とかは、電子書籍ばかり買うようになっています。

紙の書籍を出す身としては、本当に、ぞっとする光景です。まぁ、技術の変化には逆らえないので、著者も、出版社も、いろいろとビジネスモデルがどんどん変わっていくのでしょう。

私も、すっかり、メルマガ(無料と有料双方)が執筆の中心になっています。それは、スマホ普及の頃から決心したことですが、さらにもう少し、何かを考える必要があるのかもしれません。

ぜひ、電車に乗りましたら、紙を読んでいる人の数を数えてみてください。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69459&m=175424&v=7f88cd1d
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69460&m=175424&v=7e286bf5
勝間塾のお申込みはこちらから

(加藤みどりの声で)こんにちは前書き担当です。
今日のコラム担当のゆきさんは、勝間塾のムードメーカ−。
いろいろなオフ会でいつもニコニコ、みんなを和ませてくれるんです〜。
おうちでは、小型犬チワワのお母さんです。
さーて今回のゆきさんは?
「ゆきさん多摩にいく」「3匹の名前を当てろ」「探し物は何ですか?」
の3本です。 それでは又来週〜。じゃん、けん、ぽん!うふふふ♪

---リレーコラム本文---
「4年前の自分へ」
(ゆき、40代、会社員)
2011年の夏、仕事が忙しくてバタバタとしていました。
ある夏の日、勝間さんからの無料メールマガジンには、PDFでの「KatsuMagazine」へのリンク。
クリックすると、大人たちが大勢集まって満面の笑顔の集合写真。
この「勝間塾」というのは、いったい何?。大人になってまで塾?なんだ?
ファンクラブみたいなもの?みんなの笑顔がまぶしすぎて、ついていけない。
自分にはこんなことする時間なんてないよ、あったら寝ていたい。
ねじれたうらやましさは、妬ましさに変わり、内容を読み込むことがないままに
PDFを閉じてしまいました。
あの夏、会社と家の往復ばかりでシステム外の人に会うことなんか、なかった自分。
それから時は流れて、妙に親しげなメルマガに詰め込まれたおしゃべりを、
毎日読むようになっていました。
2013年1月からお試しキャンペーンにつられ、ものは試しで勝間塾へ。
最初は、塾生の仲のよさに入り込めず躊躇していましたが、イベントに参加するうちに楽しくなって2年半、今もなお続けています。
このKindle本があったなら、もっと早くに勝間塾に入っていたでしょう。
なんとなく勝間塾が気になるならば、こちらのKindle本。
成功した方、現在変わりつつある方、動き出した方、全国、海外にもいる塾生の風を感じませんか?

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69460&m=175424&v=7e286bf5
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69461&m=175424&v=9935cd62

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69462&m=175424&v=6b62209a
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69460&m=175424&v=7e286bf5
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



今年の女流リーグ、敗退しました・・・

登録日:2015/08/30
カテゴリ:メールマガジン

8月30日 日曜日

こんにちは、勝間和代です。

最高位戦プロ麻雀協会の女流リーグ、夏にありました。私は新人なので、Bリーグスタート。23人中、5位までに入賞すれば、準決勝に進めます。

1回4試合で4節ありますので、全部で12回戦います。3節、8回戦ったところで、私は23人中9位。

4節に1222位、あるいは、1123位など、4位をとらなくて、かつ、過半数を1位または2位でいければ、なんとか勝ち抜けできるポジションでした。

そして、4節の1回戦、ほぼ同じ得点を持っている人が3人と、上位者が1人。そこで、4位を取ってしまった人は、ほぼ、今回のリーグ戦、勝ち抜けが難しくなります。

で、で、はーーーい、私が取りました、4位。特になにを失敗したというわけではないのですが、とにかく、手が入らなかった!!

その後、あとの3試合を

111位

でないともう、抜けられないので、いやぁ、ぶんまわしました。普段だったら、下りるところも、ぜんぶ追っかけリーーーーーチ。

で、当然のようにそれが相手に当たりまして、2試合連続ビリ。3回連続4位は、リーグ戦始まって初の体験です。

まぁ、そこで何をしても無理になったので、4回戦目は普通に戦って、なんとか1位をとって、トータル23人中、14位という

ぱっとしない成績

で初年度終わりました。

決勝に行くのを目標にしていたのですが、とにかく、今年は夢破れて、来年に持ち越しです。

1年間、修行します。まだまだだーーーーーーーーー。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69426&m=175424&v=20b7dd01
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69427&m=175424&v=c7aa7b96
勝間塾のお申込みはこちらから

本日の塾生コラムは、『勝間塾の聖母マリア』Leeさんです。
子育てがひと段落したLeeさんは、今まさに旦那様とのアツアツな日々をエンジョイしていらっしゃいます。
FPの知識、また、勝間塾で学んだストレングスファインダーの知識を活かしてお勤めの会社でも大活躍!
お茶目なところもあって愛嬌たっぷり、海のように心の広いLeeさん、 これからも母のように私たちを見守って下さいね!

---リレーコラム本文---
勝間塾のススメ(電子版)作成メンバーLeeです。
1人の塾生のアイディアから生まれた「勝間塾のススメ」、完成間近という事でこれまでの軌跡をたどってみました。
私は沖縄在住で勝間塾の活動は主にコミュニティでのやりとりほとんどでリアルにみなさんとお会いすることもない中の参加でした。
勝手に気心の知れた仲だと思っていましたので不安はありませんでした。
実際に参加して一つのものを作り上げていく中でつながりがまた深まったという実感もあり私にとって今回の成果はこれに尽きると思っています。
遠隔での作業は、SkypeやDropbox、Facebookのメッセンジャーやグループ機能を利用して初めての共同作業を行いました。
いまFacebookグループのサイトをさかのぼっていますが、立ち上げが2014年9月12日になってます。
あれから10カ月が過ぎたとは、総勢103名みんなも私もよくがんばりました。
完成までの軌跡をたどるとまた感動です^^
しかし技術の進歩には驚かされますね〜。
私は51歳なので、インターネットの始まりから見てきたわけで、30年前にはこんな時代がくるとは想像できませんでしたから〜。
地域、年齢、性別の枠を超えて、一つの事を成し遂げることが出来、それを仲間と共有できるなんてすばらしいコミュニティです。
これからも面白くてなにか凄いことを経験できるかもしれないと考えるとストレングスファインダーの「着想×最上志向持ち」の私は、ワクワクがとまりません。
そんな勝間塾の今月のテーマは著者になるです、
実際に著者はハードルが高いのでブログを立ち上げてみました。
伝える力をつけるために今後も勝間塾での学びを継続していきたいと思います。
PR:ちょっとマニアック?ですがこんなサイトを作ってみました。
朝4時起きで更年期をのりきろう♪
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69428&m=175424&v=4a402d0c


---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69427&m=175424&v=c7aa7b96
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69429&m=175424&v=ad5d8b9b

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69430&m=175424&v=71e51bf1
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69427&m=175424&v=c7aa7b96
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



偶然が起きる仕組み

登録日:2015/08/29
カテゴリ:メールマガジン

8月29日 土曜日

こんにちは、勝間和代です。

先日、友人と待ち合わせて、夜の内に茂原に移動して、夜は茂原に宿泊、早朝スルーでゴルフをすることにしました。

そして、私と友人がそれぞれ、数人ずつ、自分の友達を誘ったのですが、ちょうど、駐車場で、私の友人がふとみると、どうみても、自分の

「5年間、部下だった男性」

が駐車場をうろうろしています。まさか、千葉県茂原市で、昔の知り合いに同じ駐車場で会う確率、もし偶然だったら、どのくらいだと思いますか?

見間違いかと思ったらしいですが、どうみても、その人。で、その後、待ち合わせ場所のカラオケまで移動したら、やはり、その人でした。

ものすごい偶然だ、と盛り上がったのですが、なんのことはない、集まった人たちにある共通項が。それは

「いま年齢が50歳前後で、東京にある外資系に現在勤務しているか、過去に勤務した経験がある」

です(笑)。

なので、実は友人が連れてきてくれた、別の友人も、私の元からの知り合いでした。

なので、もともと、分母がおそらく数千人か、せいぜい数万人くらいしかいないところで、交友関係が広がっているので、だいだい、友人の友人は、高い確率で知り合いな分けです。

まぁ、偶然と言っても、本当にランダムに起こる偶然と、今回のように、まぁ、確率的には簡単に起こる偶然があるんだなぁ、なんて、感心したしだいです。

肝心のゴルフは、台風で中止で、すっかり、茂原までカラオケに行った旅になりました(笑)(笑)。

まぁ、偶然なんて、そんなもんです。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69391&m=175424&v=8d6bae3d
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69392&m=175424&v=7f3c43c5
勝間塾のお申込みはこちらから

atthanは、書いた文章とご本人のイメージがぐっと違う女性です。どちらも素敵で、このギャップが、atthanの魅力をさらに増しているのだと思います。 ネタバレになりそうですが、リアルatthanは、おっとりとした、はにかみ屋さんです。 そして、私にとっては、やっと巡り会えた「オタク」さんです。(笑) 恥ずかしそうに、ポツポツとITのことを語るatthanに、うっとり。レベルが高すぎて、ついて行けない部分も多々あるのですが、それが、また「オタク」さんらしい感じで、喜びさえ覚えてしまいます。 ぜひ、そんなリアルatthanも、想像しながら、お読みください。(^_^)

---リレーコラム本文---
「Webデザイナー、プログラマーにおすすめ」
(コミュ名atthan 、北海道在住、41歳女性)
かつて転職回数を随分重ねて来てしまいましたが、元々プログラミングが好きだったこともあって、現在は職業訓練校でプログラミングを学んでいます。
2008年まで13年間両親の経営していた写真の店で仕事をして来ましたが、廃業後、とりあえずは派遣でもいいや、という気持ちでずっと派遣で契約繋ぎで働き続けて来て気が付いた時は38歳。
もうそろそろ職場を定着させたいな〜、と思っていたある時にTwitter で勝間さんが勝間塾の案内ツイートしているのを拝見し、勝間塾を知り、説明会の動画を観てこれは正に今の自分を変えるのにぴったりなんじゃないかな、と思い、2011年11月に入塾に踏み切りました。
私は北海道札幌市在住で、当初は入塾したものの、リアルオフ会も少なく、たまに参加しても人数がなかなか集まらず、殆ど専用コミュを眺めているだけで、1年後位に1度退会しようかな、と思ったこともありましたが、実際コミュに初めて投稿してみると、全くお会いしたこともない方ばかりなのに直ぐに温かいコメントを下さったりした時は本当に感激でした。
普通であれば41歳にもなって今更と思われるようなことも否定的にならずに背中を押すように答えて下さるので、ここのコミュの良さは他のコミュでは絶対あり得ないな〜と思いました。
最近は時間がないので専用コミュには滅多に投稿しないのですが、以後、オフ会や専用コミュを通じて友達も複数出来るようになり、更にFBでも数々のグループコミュに参加させていただくことができ、オンラインでの勝間塾での学びを通じて色々な著者に出会うことが出来ました。勝間さんの著書以外にも、フォトリーディングインストラクターの神田昌典さん、営業のカリスマの和田裕美さんの著書やオーディオブックにも出会い、本当に目からウロコの状態です。
そして、フォトリーディングの技は分からない関数名を調べたり、配列の覚え方など、プログラミングの勉強にも役立つことが沢山あります。
勝間塾のメリットは世界中の何処からでも月例会のリモート参加が出来ることと、録画がいつでも観れること、都合が合う時にいつでも気の合う方同士で集まることができることです。
北海道(特に札幌)にも起業したいと思っている方は沢山います。今後はオフィシャルメルマガを通じて北海道からも勝間塾の存在と良さをもっと知っていただき、自身の目標をしっかりと持った勝間塾、サポートメール会員が増えれば良いな〜、と思っています。
因みに勝間塾の年齢層は社会人経験の長い中高年が多く、男女比は半々位です。
年齢層は幅広い方が良いですが、特に30代後半から40代以上の方お待ちしております。


---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69392&m=175424&v=7f3c43c5
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69393&m=175424&v=9821e552

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69394&m=175424&v=40e29e74
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69392&m=175424&v=7f3c43c5
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



毎朝の習慣。乗り物の計画を立てること

登録日:2015/08/28
カテゴリ:メールマガジン

8月28日 金曜日

こんにちは、勝間和代です。

私が毎朝していることに

「1日の乗り物計画を立てる」

というのがあります。

・その日の天気
・その日のスケジュール、特に、それぞれの場所と移動距離、それに移動する時間帯
・行った先の駐輪場・駐車場の有無

から、最適な移動計画を毎朝、立てるのです!!

バイクは4種類、自転車は3種類から主に選びます。もちろん、徒歩やキックボード、折りたたみ自転車もありです。

まず、天気が最重要です。なぜなら、天気が悪いと

「自転車、屋根がないバイク」

がすべて、対象から除外されるからです。屋根付きバイクか、徒歩と電車になります。

次はその日のスケジュールの場所が重要です。自宅から最初の仕事、次の仕事、とそれぞれ移動距離がありますが、このときにおおむね、移動距離が

5キロ圏内
5キロから10キロ未満
10キロ以上

などで、最適な移動手段が変わってきます。

まず、5キロ圏内は、圧倒的に自転車が優位です。自転車でも、バイクでも、ほとんど時間が変わりません。それだったら、扱いやすい自転車がいいです。少し長い中距離はバイク、そして片道10キロ以上になると、高速道路を使わない限り、電車が速くなります。

だいたい、自転車の移動速度は走っているときが時速20キロちょっと、止まっている時を含めると、時速15キロくらいなので、1キロ4分換算でいつも計算しています。

一方、バイクは走っているときが40−50キロ、止まっている時を含めると、時速20キロくらいなので、1キロ3分換算になります。すると、5キロ圏内だと、移動時間は5分も変わらないので、ヘルメットが簡易だったり、駐輪が便利な自転車の方が優位です。

ただし、自転車やバイクを使うときには、行き先に駐輪場があることが必須です。これがないと、結局二輪車をうろうろと駐輪場を探して持ち歩く羽目になり、けっこう悲惨です。駐輪場が確実にないときは、折りたたみ自転車に乗っていって、たたんでお店や会社に持ち込みます。

また、電車を使うとしたら、キックボードや持ち歩き自転車を併用して、どのルートが一番最適か、考えます。そうすると、駅までの距離が2キロあっても、特に問題なく移動できるからです。そして、なるべく、乗り換えをなしか、1回ですむように、設計します。

ほんとうは、この辺のロジック、アプリかなにかであるといいなぁ、と思うのですが、たぶん、複雑すぎて無理なので、毎日の楽しみにしておくことにします(笑)。

屋根付きバイクを作ってから、日常の移動で車はますます、使わなくなってしまいました。つくづく、いままで雨専用だったんだなぁ、と思います。

そして、休みの日は、自転車の空気入れたり、バイクのオイルチェックしたり、いろいろメンテナンス、大変です。でもまぁ、寝ている時間の次に移動している時間が長いので、人生の楽しみだから、いいことにしています。

唯一の難点は

・原稿のキーボード叩き
・自転車・バイク

の両方で、指を使いすぎていて、慢性的に指が腱鞘炎なことです。

指を余り使わずに二輪に乗る方法、考えないとと最近思っています・・・。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69355&m=175424&v=043c852c
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69356&m=175424&v=f66b68d4
勝間塾のお申込みはこちらから

「勝間塾のススメ」プロジェクトリーダーの香楽です。本日のコラムのえみこさんは「達成欲」の方です。入塾してまだ1年未満ですが、数多くのオフ会に参加したり、月例会の後のオフ会幹事をやったりと精力的に活動されてます。「勝間塾のススメ」の打上幹事も積極的に手をあげてくださいました。なんと伊勢神宮ツアーオフ会にも日帰りで来てしまうフットワークの軽さが持ち味です。勝間塾は受け身でいるよりも、主体的に活動すればするほど、得るものが大きい場です。これからのえみこさんが楽しみです。

---リレーコラム本文---
「私なりの「勝間塾のススメ」」
(コミュ名えみこ)
私自身の実体験に基づいた、「勝間塾のススメ」をお届けします!!
私は今でこそ、勝間塾のススメプロジェクトに参加し、このプロジェクトの打ち上げ幹事や、
毎月の月例会のあとの打ち上げの幹事もしておりますが、昨年の今頃は勝間塾の存在も知りませんでした。
勝間さんのことはもちろんずっと前から存じておりましたし、本も何度も買って拝読していて、その中には勝間さんが翻訳された「史上最強の人生戦略マニュアル」などのような私の人生のバイブル的な本も、含まれていました。
昨年、勝間さんが「稼ぐ力」という本を出され、その出版記念の講演会が昨年11月に東京駅そばの丸善・丸の内本店で行われました。
講演の最後のほうで、勝間塾の紹介がありました。最後に「今月の月例会のゲストは堀江貴文さんです」とのコメントが。
昨年はいろんな方の講演会に参加するようにしていました。「勝間塾の月例会に参加すれば、堀江さんのお話がきけるんだ」と思った私は、帰宅後、早速勝間塾の入塾手続きをとりました。
入塾すれば、月例会参加はもちろん、サポートメールの課題の投稿、オフ会参加もできるのですが、堀江さんの講演目的で入ったこともあり、サポートメールは流し読みするだけ。オフ会も特別な人たちがやっているもので、自分の入る余地などないだろうと思っていて、どんなオフ会が開催されているのかも調べませんでした。
昨年12月の半ば過ぎ、勝間塾内のSNSのオフ会の載っているページを何気なく見ました。
開催されているオフ会はバラエティーに富んでいました。気になったものに参加してみよう、と思い、参加申し込みをしました。
占いで「今年は変わる年」ということが強調されていたので、自分を変えるためにも、興味のあるオフ会にはなるべく参加してみることにしてみました。英語のスキルアップやゴルフを始めることは、勝間塾に入る前からやるつもりだったのですが、勝間塾の塾生によるオフ会で、これらのことも学ぶことができています。また自分自身のできることを人にシェアする、自分のアウトプットという観点から自分がオフ会を開催することもできる環境にあります。何か試しにやってみたい人にはほんとに恵まれた環境だと思います。
オフ会で特筆すべきなのが、3月の伊勢神宮参拝。もともと伊勢神宮に行きたかったから参加しただけだったのですが、ここで勝間塾のススメプロジェクトのリーダーと、原案の提案者とご一緒しました。東京近辺で塾生同士で初めて会うときも、実際に会ってお話するだけで、かなり親近感を感じるのですが、東京以外のところで、各地の塾生が集まってきた場合には、東京近辺でお会いするのよりもずっと親しみを感じます。
ほかにもオフ会でいろんな塾生の方と知り合いになる機会がありますが、私が勝間塾生の多くの方について感じているのは「初対面という感じがしない。昔から友達だったみたい」ということ。実際に会うのは初めてなんだけど、前から知っているような感覚で話せて、お互いの話をきいていても共感できるところがたくさんあるし。いい意味で安心感をもって話をできるのが勝間塾生かな、と思います。
また、月例会後オフ・ゴルフ・麻雀・カラオケのほか、「大人の遠足」という日帰り旅行も企画され、塾生はもちろん、勝間さんとも直接お話できる機会が多くあります。
私にとっての勝間塾のススメ。それは、昔からの友人・同志のような人たちにたくさんお会いできること。勝間さんからは月例会やサポートメールにより、いろいろと教えていただけるのはもちろん、ゴルフなどでもご一緒させていただく機会がたびたびあります。当初の堀江貴文さんの講演をきく、という目的はとっくに達成しているのにもかかわらず、塾生で居続けているのは、勝間塾でだからこそ会えるたくさんの人たちとのつながりが私にとって、とても大切なものだからです。
これからもこのつながりからいろいろと学びながら、なりたい自分になっていくのが私の目標です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。いつか一緒に勝間塾で学べることを楽しみにしております。

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69356&m=175424&v=f66b68d4
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69357&m=175424&v=1176ce43

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69358&m=175424&v=9c9c98d9
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69356&m=175424&v=f66b68d4
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



マッサージシートが意外といい

登録日:2015/08/27
カテゴリ:メールマガジン

8月27日 木曜日

こんにちは、勝間和代です。

今日はやわらかい話。マッサージシートです。

マッサージチェアは高いし、場所も食うし、どうしようかなぁ、と思っていたら、マッサージシートというのがありました。

マッサージャー MD-8600 | 大東電機工業株式会社 http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69301&m=175424&v=216563f6

要は、椅子において、マッサージをする機械です。で、値段も1万円台からあります。

で、買ってみて、ためしてみたら、意外といいです。なにがいいかというと、まず、場所を食わない。あと、自分の普段お気に入りの椅子にそのままおけるので、座り心地がいいです。

肝心のもみですが、もちろん、最高級機種には及びませんが、自分でもんだり、人にもんでもらうより、よほど気軽です。

まぁ、マッサージが効くかどうかは、いろいろな研究がありますが、とりあえず、

「本人がきもちいい」

と思えば、いいみたいです(笑)。

マッサージチェアを検討中の方、視野の一つに入れて見てください。

---------------------------
TOKYO MX「バラいろダンディ」に出演します!
---------------------------

本日21時より、TOKYO MX「バラいろダンディ」に勝間和代が生出演します。

詳細は番組のホームページからどうぞ

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69302&m=175424&v=d3328e0e

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69303&m=175424&v=342f2899
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69304&m=175424&v=ecec53bf
勝間塾のお申込みはこちらから

勝間塾には多種多様な才能を持つ方が大勢いらっしゃいます。デザイナー、写真家、著者、プログラマーなどなど。本日のコラムに登場するゆっぴぃさんは書道の才能をお持ちの塾生です。勝間塾のススメでは表紙の題字を書いていただきました。しかし、そこには様々な試行錯誤があったようです。さて続きはコラムで

---リレーコラム本文---
「題名の筆字を書きました」
(ゆっぴぃ 20代 女性)
こんにちは。『勝間塾のススメ』の題字を書く!!という大仕事を担当したゆっぴぃです。
最初に言ってしまいますが、この本は【100円ぽっきりなんだから迷わず即買っておいて「なんか面白いことないかな〜」とか「人生に疲れたわ〜」と思ったときに、適当なページから読んでみる】というのにピッタリな本です(^^)
どこから読んでも面白いからです。
さてこの「勝間塾のススメ」という題字を書いたときのことを少しお話しします。
どんな書きぶりにするか色々と迷い、とにかくいろんな雰囲気でたくさん書きました。50枚以上書いたでしょうか。
読めないのもよくないし、かっちり綺麗に書きすぎると、「こういうのだったらむしろ活字でいいんじゃない?わたしが書く意味ある?」って思えてきたりもしました。
また「やっぱり表紙になるからには、勝間塾のイメージを崩してはいけないなぁ」と思って、 ーーと言ってもその「勝間塾のイメージ」なんてわたしの主観でしかないのですがーー よりよいものになるように、一生懸命書きました。
縦書き、横書き、ナナメ書き??書体は可読性を重視すると楷書か、行書か、隷書かな。連綿(2文字以上がつながっているところ)があると女々しいかな?カタカナとも調和するように…。太く書いたり、細く書いたり。
そうして最終的に仕上げた2枚。真面目な行書か、ちょっと遊び心のある楷書か。
どちらもわたしは気に入ったので、デザイナーのおかつさんに2枚とも表紙デザインを施してもらい、プロジェクトメンバーの皆さんに人気投票してもらいました。
そうして決まったのが今の表紙なのです。
この題字に込めたのは、【芯があり、前向きなイメージ】
学びも遊びも真剣に、そしてお互いを認め合える懐の深い勝間塾生の印象を書に込めました。
どうか皆さまに勝間塾の雰囲気が伝わりますように。
どうしてわたしのような20代OLが題字を書くなんていうことになるの??
そんな背景を知れる話もこの『勝間塾のススメ』の中に入っているんです。
「塾生インタビュー3 起業した塾生」という章に対談が載っています。
あ、その時に精いっぱいのオシャレをして撮ってもらった写真がドドーーーンと載っていますので、まず開いたらそれだけでも見にきてくだされば。
こんなおめかし滅多に見られませんわよ( ´ ▽ ` )ノ

がんばるあなたを応援する!「ファンサンエブリー」公式サイト
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69305&m=175424&v=0bf1f528
・わたしのライフワークのポートフォリオサイト
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69306&m=175424&v=f9a618d0



---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69304&m=175424&v=ecec53bf
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69307&m=175424&v=1ebbbe47

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69308&m=175424&v=9351e8dd
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69304&m=175424&v=ecec53bf
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



ドルコスト平均法ではいつ利食いをするのか

登録日:2015/08/26
カテゴリ:メールマガジン

8月26日 水曜日

こんにちは、勝間和代です。

株式相場が荒れています。ドルコスト平均法で、コツコツ積み立ててきた人も、一時期よりはもうけが減って

「あのとき利食いをしておけばよかったーーー」

と思いがちです。

しかし、ドルコスト平均法の特徴は

「自分で判断を加えないこと!!」

です。値上がっている途中でついつい売ってしまうと、そこから先の利益を失います。また、値下がっているときに、怖くて売ってしまうと、戻りをとれません。

では、いつ利食いをするのですか、と聞かれるのですが、

「流動性ある資金が必要なとき」

です。車を買いたい、学校にいくので入学金が必要になった、事業を立ち上げるので、当面の設備投資資金がほしい、そういうときです。

そのときに、買値より下がっていても、上がっていても、気にしません。必要な金額を必要なだけ、解約します。

そうでない限りは、上がっても、下がっても、ほっておくのです。気になるのなら、証券会社の口座の金額を見ないようにしてください。

また、ドルコスト平均法、なかなか知っていてはじめられなかった人は、今のように下がっているときが、はじめるチャンスです。

ぜひ、トライしてみてください

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69277&m=175424&v=cddb05dc
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69278&m=175424&v=40315346
勝間塾のお申込みはこちらから

今日のコラムは、『勝間塾のススメ』プロジェクトリーダー香楽(かぐら)さんです。
生まれ育った神楽坂をこよなく愛し、勝間コミュニティでもまち案内のイベントを随時開催して好評を博しています。
勉強だけでなく、遠足したり、まち案内があったり、本を作ったり。勝間塾は学びのポータルサイトですね。「リーダーになる」というのも、一つの学びなのかもしれません。

---リレーコラム本文---
『初めからリーダーの人はいない』
(香楽、40代、埼玉県)
「勝間塾のススメ」プロジェクトリーダーの香楽(かぐら)です。
こうやって名乗るのも実は最初、ちょっと抵抗がありました。(1年経って、さすがに慣れましたが・・)
私はずっと、自分はリーダータイプではなく、リーダーの右腕としてサポートする方で、力を発揮するタイプだと思ってたんです。
元々大勢の人前で話すのも苦手で、団体行動も苦手。職場で飲み会の幹事すら挨拶が嫌なので、断ってました。
仕事でもプロジェクトリーダーは、むしろ避けてました。なので、私をよく知っている元職場の人に、プロジェクトリーダーとして本を作ってるという話をすると、ビックリされたりもしました。
それがなぜ、リーダーをやる事になったんでしょう?しかも仕事でも、強制されてるわけでもないのに。。
この辺の経緯は、ぜひ本を購入して(笑)前書きを読んで頂ければと思いますが、一言で言うと「運命を感じてしまったから」。
こうやって実際に本ができ上がって、この1年を振り返ってみると、私のその時の直感は正しかったと思います。
104名の仲間(+取材協力頂いた方など含めると本当に多くの方)と一冊の本を作り上げる、という過程を通して、仕事では得られないような貴重な経験がたくさんできて、時には大変な事もありつつも楽しい事がたくさんあって、たくさん学べて、自分の成長に必要な機会だったんだと思います。
入塾3ヶ月の新人にも関わらず、プロジェクトを通してたくさんの塾生に会えました。
この1年で約150人の塾生と会って友達になりました。オンラインだけのつながりも含めると約200名。これってすごい事ですよね!?
名古屋、大阪、福岡、岡山、広島、三重、長野と全国行脚して、全国のオフ会幹事さん達や塾生に会えたり、地元の観光名所や美味しいお店に連れて行ってもらったりしたのも、「ススメの取材」という口実があればこそ。
でも結局遊びに行っただけで、私のこの体験は本のどこにも使われてないというオチつきなのですが(笑)
やりたい事をやるためには、時には人前に出なければならない場面も出てきます。
いまだに苦手意識はありますが、必要と迫られれば、逃げないだけの根性は据わってきました。
「初めから親である人はいない。子供を育てる中で親になるのだ」とよく言われますが、リーダーに関しても、生まれながらのカリスマリーダー体質の一部の人を除いて、同じ事が言えるんだと思います。
周りからリーダーとして頼られたり、リーダーシップを発揮しなければならない場面に遭遇する中で、リーダーとしての自覚が芽生え、何とかそれらしくなってきた気がします。
リーダーシップについて悩んだ時期もありましたし、私に本当にリーダーシップがあるのかどうかはいまだに疑問ですが、いまはもうそんな事はどうでもいいと思ってます。
本が予定通り、無事にリリースできたこと。
そしてメンバー達に、「すごく楽しかった」「プロジェクトを通して他の塾生とつながる事ができた」「貴重な経験ができた」と言ってもらえたこと。
この2点でプロジェクトは成功だったと言えますし、もうそれだけで満足です。
最後になりましたが、104名のプロジェクトメンバー、全国オフ会幹事さん達、取材協力頂いた方々、アンケート回答やその他ご協力頂いた方々、応援・購入してくださった方々、塾長、上念さん、事務局の方々・・「勝間塾のススメ」に関わったすべての皆様に感謝です。本当にありがとうございました!!
メルマガ読者の皆様、
「勝間塾のススメ」は104名の塾生+α が全員が完全ボランティアで、皆の力を結集して作り上げた本です。
勝間塾がどういう場所かよくわかる一冊になってます。覗いてみたい、という希有な方はぜひご購入ください(*^^*)


---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69278&m=175424&v=40315346
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69279&m=175424&v=a72cf5d1

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69280&m=175424&v=054feef6
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69278&m=175424&v=40315346
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



ナッツとフルグラと牛乳

登録日:2015/08/25
カテゴリ:メールマガジン

8月25日 火曜日

おはようございます、勝間和代です。

朝にグラノーラを食べる人が増えてきていると思います。私もフルグラをよく食べますが、フルグラと一緒に、実は同じ量くらい

ミックスナッツ

をいれています。そして、ミックスナッツでも、前にも紹介したと思いますが、とにかく、このブランドがおいしい。

トン クラッシーミックスナッツ360G缶 商品情報|東洋ナッツファンクラブ TON'S CAFE http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69240&m=174309&v=25a65712

有塩と無塩がありますが、私は有塩の方が好きです。以前は成城石井とかでないと買えなかったのですが、最近はamazonのプライムでも扱いがあります。

ちなみに、amazonは自分のサイトのいろいろな委託商品の売り上げを見ていて、注文する人が多い商品は、自社扱いにもするのだとか。委託側としてはたまらないのですが、一応、契約の中でそれをしてもいい、という許可を取っているらしいです。実際に採算の見込みがつくものだけを仕入れられますから、それは儲かるわけです。

そして、消費者としては、それはそれで便利なので、難しい…。

話を戻します市と、この、ナッツとグラノーラの組合わせに牛乳をかけると、手軽な食事になるし、やる気にもなります。

ナッツ好きの方、お試しください。グラノーラだけよりも、歯ごたえも出ますし、腹持ちもしますよ。

ただ、美味しすぎるので、食べ過ぎに注意を!!

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69241&m=174309&v=c2bbf185
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69242&m=174309&v=30ec1c7d
勝間塾のお申込みはこちらから

『勝間塾のススメ』リリースに先行して「勝間塾コミュニティナビ」が春に一般にも
公開されています。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69243&m=174309&v=d7f1baea

「勝間塾のススメ」プロジェクトリーダーの香楽です。
本日のコラムのさっちさんは、ススメの編集チームリーダー(=シェフ)です。 はい。シェフいないのに、全国各地から美味しい素材だけ取り寄せちゃって、3ヶ月後のレストランオープン日まで決めちゃった、無謀なレストラン経営者は私です・・(笑) 素材が良ければ、焼いただけでも美味しいじゃーん♪とか思ってたフシあります。はい。スミマセン。。 でも二人の素晴らしいシェフに出逢ってしまって、あ、ちゃんと料理するともっと美味しいかも・・って思いました。 実際にできあがってきた料理を味わってみると、期待してた以上に美味しくて、本当に彼女達にお願いして良かったです。ありがとうございました(*^^*)

---リレーコラム本文---
『みんなで作ったスペシャルな料理、召し上がれ♪』
(さっち、40代、東京都)
入塾して間もないころ、こんな話を聞きました。
「"勝間塾のススメ"というレストランをつくろうと思ってるの。いい素材はそろったけどシェフがいないんだ」と。 「あ、私やりたい!やらせてください!!」 こうして、私は"勝間塾のススメ"のシェフになりました。
そろえてもらった素材はどれも特上品。 どうすれば、美味しい料理になるかしら。 どうすれば、勝間塾らしい料理になるかしら。
メニューどうしよう?どう調理したほうがいい?、なんて、相方シェフYさんと相談して。 素材の生産者さんに「こういう料理にしようと思うんだけど、この素材はこれで生きるかな?」なんて相談して。 足りない調味料があれば、作ってくれる人探して、お願いして。 Kindle出版っていう特殊な調理法の勉強なんかもして。 日本各地どころか世界中に散らばってる仲間たちと一緒に知恵出し合って。試食会を開催して、意見もらって、またメニューとかレシピとか、盛り付けなんかも練り直して。
一番苦労したのはインタビュー記事の調理。 個性的な塾生にインタビューした記事はとても面白い。 でも、ボリュームたっぷりでこのままでは1皿でおなか一杯になりすぎてしまう。 美味しいところは残しつつ、他の料理も食べられるくらいのボリュームにしなくちゃ。 このバランスの難しいこと難しいこと。
塾生みんなが自分の特技を活かし知恵を寄せ合って作った料理の数々。 勝間塾っぽさを味わえるスペシャルな逸品ができました。 ぜひ、ご賞味ください! ご来店お待ちしております!!


---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69242&m=174309&v=30ec1c7d
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69243&m=174309&v=d7f1baea

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

-サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69244&m=174309&v=0f32c1cc
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

-勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69242&m=174309&v=30ec1c7d
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



ドルコスト平均法で投資をしていると、株価が下がってもうれしいわけ

登録日:2015/08/24
カテゴリ:メールマガジン

8月24日 月曜日

こんにちは、勝間和代です。

「お金は銀行に預けるな」を書いている時代から、ドルコスト平均法による投資を一貫して推奨しています。

このドルコスト平均法、なにがいいかというと

「株価が上がっても、下がってもうれしい」

ことです。先日の金曜日、久しぶりに日経平均が2万円を切りましたが、下がっているときには、定額で買うので

「割安に買えてうれしい。たくさん買えてうれしい」

と思いますし、上がっているときにはもちろん

「わーーーい、あがった」

となります。しかもしれ、ほったらかしが最高で、だいたい見るのはせいぜい、1月に1回か、できれば数ヶ月に1回くらいがいいです。

お金が減りたくない人は、月々の積み立ての内、一部を債券にしておくと、株式と違って、急にはふえませんが、ほとんど減りませんので、全ての投資が全部赤字、という気分の悪さをふせぐこともできます。

まぁ、ほんとうは、人生でも同じように、環境のいいときと悪いときがあるので、どちらも淡々と同じように振る舞って、うれしさを分け合えるようにした方がいいのでしょうね。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69202&m=175424&v=d2877313
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69203&m=175424&v=359ad584
勝間塾のお申込みはこちらから

『勝間塾のススメ』リリースに先行して「勝間塾コミュニティナビ」が春に一般にも
公開されています。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69204&m=175424&v=ed59aea2

今日のコラムは三重県に住む看護師・ひろべーさんです。
この『勝間塾のススメ』の発案者。勝間コミュニティでは知らない人がいないぐらい、
いつも「いいね!」や「がんばれ!」を振りまいて、居心地のよい空間を作ってくれて
います。
勝間塾は頑張る人を応援する場所でもあります。「自分は何もできない」と思っている方、まずは他の人を応援してみませんか? 応援し、応援されることで、自分も何かできるかも、と思えるようになります。勝間塾はそんなコミュニティです。

---リレーコラム本文---
「一粒の種をひろってつなげてくれた。『勝間塾のススメ』」
(ひろべー 40代 三重県)
今回このキンドル出版が実現した経緯は、サンプルの前書きを読んでいただけるとありがたいです。
2年前の月例会テーマが「著者になる」だったとき、次々と企画案が出る中で、私には書くことって何もないと思っていました。 当時パート勤務だった私はコミュの投稿を読むことが楽しみの一つでした。
地方にすみ、子どもと親の世話をしてきて、自分のことはいつも後回し。
同年代で好きなことを仕事にして、いきいきと活躍されている勝間さんの時間術ってどんなだろう。
活字が大好きな私は、まず毎日配信されるサポートメールの会員になりました。
勝間コミュニティに参加するには、塾生にならなくても、毎日配信されるサポートメールだけでもいいんです。 敷居は低いです。誰でもウエルカム。
そこはすんごい情報にあふれていました。魅力的な方がたくさんいらっしゃいました。
勝間コミュニティの投稿を読むことは、私にとっては新聞の投書欄を読むようなものでした。新聞なら一方通行ですが、ネット掲示板なら双方向で交流ができます。
文字だと男女年齢の差を気にすることなく、自分に素直に思いを書くことができます。 あがり症でも人見知りでも、話すことが苦手でも。 少しの勇気があれば、マイペースで自分の思いを伝えることができます。
それが勝間コミュニティの魅力だと私は思っています。
そして、勝間さんがいつもおっしゃるように、どうしても文字だけでは伝えられないことがあります。「非言語情報」です。リアルで会うことって大事だと思います。
さまざまなオフ会が各地で(海外でも)行われています。 そういった内容もこの「勝間塾のススメ」を読んでいただけたらおわかりいただけるかと思います。
少しの勇気で、オフ会に参加すると、また違う景色が見えてきます。
月例会は、ネット環境さえあれば、どこに住んでいてもリモートで受講できます。 ここでの情報は、有料ならではの勝間さんの切り口(視点)が魅力です。 テーマによっては、専門の講師を招いていますし、なんといってもコスパをいつも考えている勝間さんなんですから、その内容は言うまでもないでしょう。
まずはお試しからいかがでしょうか? 決めるのは自分。 決して強制ではないのが、勝間塾のいいところだと思います。

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69203&m=175424&v=359ad584
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69204&m=175424&v=ed59aea2

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69205&m=175424&v=0a440835
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69203&m=175424&v=359ad584
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



私がたまに都内でタクシーを使う理由

登録日:2015/08/23
カテゴリ:メールマガジン

8月23日 日曜日

私は普段、めったにタクシーを使いません。テレビ局の送迎とかも、だいたいタクシーがついていますが、自分のバイクか自転車、あるいは地下鉄で行っています。なぜかというと、時間が読めないからです。

一方、とある場面では、私は積極的にタクシーを使っています。それはどういうときかというと

「到着まで、時間ぎりぎりか、あるいは遅刻が確実なとき」です(苦笑)。

それはなぜか。まず、公共交通をつかったら、まず、間に合いません。次、自分の自転車やバイクをつかうと

・焦っていて事故の確率が増す
・駐輪場所を探したり、止めたりして、時間が確実にかかる

の2つの理由から、タクシーに乗ります。特に前者は深刻で、ほんとうに、視野が狭まるので、危ないのです。人間、焦っていないと言っても、絶対に焦っているからです!!

だから、自転車やバイクで移動するときには、なるべく、最低でも10分以上の時間の余裕を見て、移動することにしています。

その代わり、めったにのらないから、たまに乗ると高さにくらくらーーーとします。だいたい、5キロ2000円くらいの移動が多いのですが、2000円稼ぐの大変だよなぁ、それは、自分が時間に余裕を持たなかったからいけないんだよなぁ、と反省しながら、そして、安心安全に届けてくださった運転手さんに感謝をしながら、電子マネーで

ピーーーッ

とお支払いしいてます。

ああ、そうそう、タクシーのさらなる利点

「タクシーの中から、遅刻の連絡を入れられる」

でした。

うーーーむ、だいたいいつも、タクシーの中ではあやってばかりな気がします。すみません、遅刻しないよう、タイムマネジメント、がんばります。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69157&m=174309&v=91373052
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69158&m=174309&v=1cdd66c8
勝間塾のお申込みはこちらから

梅ちゃんは、中小企業診断士で、マクロビに凝ってて、美容室を経営してて、経営コンサルで、男の子のお母さんで、いろんな顔があることは知っているけど、私が会った梅ちゃんは、いつも大きな口で笑ってる。少女の心をぶり返し、子どもの段ボールワークショップで、誰よりも大きなキャタピラー作る人。「今、私いい事言った!」って突然自らを讃える人。そして、たぶん…一人の時は誰よりも人情家で涙もろい。判断の時には慎ましくて、決してひとり勝ちしない。そんな梅ちゃんがススメを通して、また一つ殻を破っちゃったみたい!これだから勝間塾は止められない。私は梅ちゃんと勝間塾の仲間が大好きです♪

---リレーコラム本文---
「もっと時間があったら」は、いつまでたってもこない!
(ume,40代,女)

『勝間塾のススメ』づくりのなかで、インタビューチームのリーダーとして参加しました。
参加前、わたしはいつも「もっと時間があったら」とおもっていました。
でも、参加後、「やりたいことは、時間をつくる」、に思考と行動が変われました。
このわたしのなかでのうれしい大きな変化は、『勝間塾のススメ』をつくるなかえられたことでした。
本づくりに参加を決める前は、鬼の研修日程が目白押し、しかも、自営の仕事は新規事業立ち上げ前の準備まっただなかに突入直前、という時でした。
実際に始まってみると、オンライン道具を駆使した環境と、他者への貢献だけを意識し行動する仲間との協労活動で、「無理をしている」という感覚がほとんどなく、自分としてはただ「状況説明」と「感謝」だけでおわったような数カ月でした。
なあんだ、やってみたら、できるじゃーん。
いつも時間がないと思いがちです。
でも、やりたいことを、「時間が十分にとれないから」といっていわずに終えられたので、ちょっぴり自信がついたわたしは、やりたいことはまずやってみればいいと体感できたことを、その後自分に取り入れはじめています。
いつも「もっと時間があったら」と行動を制限していた自分のネガティブワードを、こんなふうに本づくりの活動に参加して、ちょっぴり克服するきっかけみつけました。
きっと、毎日自分の0.2%の改善をこころがけ、他者への貢献を強く意識していることを前面に押し出したみんなと濃い付き合いができたからこそ、心地よく時間についての自分の概念をくつがえしてゆけたのだとも、ご縁をいただいたみんなに感謝しています。
なにごとにも一生懸命で前向きで、他人の夢を応援するのも自然体、そんな人たちが集まる、ここちいい空間です。
あなたも、まず『勝間塾のススメ』を読んでみて。そして、ここちいい空間にあこがれたなら、仲間におもいきってはいってみませんか。

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69158&m=174309&v=1cdd66c8
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69159&m=174309&v=fbc0c05f

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

-サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69160&m=174309&v=fa6066b7
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

-勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69158&m=174309&v=1cdd66c8
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



勝間塾大人の遠足、茨城でブルーベリー狩り、終了しました

登録日:2015/08/22
カテゴリ:メールマガジン

8月22日 土曜日

こんにちは、勝間和代です。

何度かお話ししているとおり、勝間塾ではランニング、ツーリング、英語勉強会、読書会、料理、ストレングスファインダー研究会、子ども合宿など、さまざまなイベントが週に10個以上開かれています。

その中の一つで

「大人の遠足」

というのがありまして、1−2ヶ月に一度、貸し切りバスやレンタカーでさまざまな県に出かけて、フルーツ狩りや工場見学を楽しむものです。

今回も企画は4回目、夏なので勝間塾生のお子さんも10人近く参加し、茨城県のつくばまで、ブルーベリー狩りとバーベキューに行ってきました。

ブルーベリー狩りの前、午前は納豆工場を見学し、午後は帰り道、牛久大仏に寄りながら、帰路につきます。品川発着の貸し切りバスです。

そして、毎回、バーベキューの買い出しはチーム制で、それぞれのチームがテーマを決めて、予算の中で時間制限内にスーパーを周り、そして、その後、その内容をプレゼンし、買い出し時間や金額、内容などを採点した上で、チームの順位を定めます。

今回は6チーム、残念ながら、5位と6位になってしまったチームメンバーには

「みなのバーベキューの準備を率先してする『権利』」

が優先的に割り振られます(笑)。

そして、フルーツ狩りには、1位のチームから順番に農園に入園します。関東近辺だけではなく、奈良や岐阜からも参加者がありました。

毎回いいなぁ、と思うのが、入塾が早い人も、遅い人も、若い人も、それなりの年の人も、あっという間に仲良くなることです。

バスの席は、出発時、SA休憩時、買い出し時、昼食後など、バスが停車するたびに抽選箱を引いて、色々な人がランダムに隣になるように工夫しています。

幹事団は、バスの予約、農園との連絡、会計係、名簿係、バス内ガイド係などを分担して、進行がスムーズに行くように努めてくださいます。みんな、もちろんボランティアです。

今回の幹事団の一人は、もちろん、茨城在中。行きのバスの中で

「今日1日で、茨城の虜になってください!!」

と案内していました。岐阜からの人は、生まれて初めて茨城県に入ったそうです。

ブルーベリー狩りのあとはみなで調理をしながらバーベキュー、こどもたちはスイカ割りに興じていました。

おかげさまで、毎回大好評で、こどもたちもすっかり仲良くなっていました。大人が無心になって遊ぶ機会はどんどん少なくなっているので、こういった機会は大事にしていきたいです。

ちなみに、今回の会費は、

・往復の貸し切りバス代(最新の大型バス、運転手さんつき)
・ブルーベリー1時間食べ放題+1パック持ち帰り
・バーベキュー代(高級肉やスイーツ付き。なぜなら、自分たちで食べたいもの買うから(笑))

を含めて、1人頭7000円でした。これは、人数が多いことと、あと、人件費がプロの運転手さん以外は完全にボランティアなので、実現できている金額です。

互助会のような感じですが、なんか、いいなぁ、と思います。

大人の遠足、9月は塾生さんの十勝の農場に、10月は名古屋の月例会の前に松阪牛を食べに、11月は福井の恐竜博物館とやはり塾生さんのお店がある東尋坊を訪れる予定です。

最近入ったばかりの方もどんどん勝間塾にいらしてくださって、楽しかったーーーといっていただいています。大人の遠足に興味がある方、ぜひ、勝間塾いらしてくださーーーい。

---------------------------
テレビ愛知「激論!コロシアム」に出演します!
---------------------------

本日19時54分より、テレビ愛知「激論!コロシアム」に勝間和代が出演します。

今回のテーマは、

「“戦後70年のリーダーシップ”ニッポンを明るくする理想の総理とは!?」

です。

詳細は番組のホームページからどうぞ

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69117&m=175424&v=735c5f3c

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69119&m=175424&v=19abaf31
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69121&m=175424&v=ff16af4e
勝間塾のお申込みはこちらから

『勝間塾のススメ』リリースに先行して「勝間塾コミュニティナビ」が春に一般にも
公開されています。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69123&m=175424&v=ea5ce421

こちらは、入塾したあとのコミュニティ初心者向けコンテンツです。
勝間コミュニティ内では、こんな感じのSNSを活用して楽しんでいます。

今日のコラムのたかみやさんは、このコミュニティナビを作る分科会のリーダーでした。
「プロジェクト」の進行管理を熟知していらして、一緒に作業していてとても勉強になりました。
勝間塾では現在休部状態のツーリング部復活を目論んでいらっしゃいます。

---リレーコラム本文---
「色んな分野の人との共同作業?勝間塾のススメ」
(たかみや 神奈川県 40代 男性)

勝間塾に入ったのは去年の夏でした。色々と自分の知らない事を学ぼう、沢山の知合いを作りたいと考えてました。月に一度の定期的な勉強会に参加したものの、知合いはなかなか増えませんでした。そんな時に、勝間塾のススメという活動を知り、参加できるようになりました。色んな人から、色んな事を学べるとワクワクしました。
実際、集まったメンバーは様々な分野から集まりました。事業を経営された方や教師をされた方、など、自分には無い知識と考え方をお持ちの方ばかりです。例えば、ミーティングで集まった時に、自分には無いきめ細やかな観察力で活動へのアドバイスを頂く事がありました。また、それぞれの高いスキルを活かして文書作成、イラスト作成、校正をススメる事が出来ました。皆さん仕事が早いです。その結果、勝間塾コミュニティーナビや勝間塾のススメをリリースすることができたと思います。自分は、その活躍を拝見しつつ、イラスト作成や校正などの仕事について色々学ばせていただきました。もちろん、今でも学び続けています。その時のメンバーとの交流も続いています。結果として、知合いも沢山増やすことができました。
このように勝間塾では、様々なオフ会が頻繁に開催されてます。参加は自由です。参加を通して様々な学びがあります。いつもと違う学びを得たい方は、是非とも勝間塾へ入ることをおススメします。

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69121&m=175424&v=ff16af4e
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69123&m=175424&v=ea5ce421

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69125&m=175424&v=d5823990
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69121&m=175424&v=ff16af4e
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



8/22(土) テレビ愛知「激論!コロシアム」に出演します

登録日:2015/08/21
カテゴリ:出演情報

8月22日土曜日19時54分より、テレビ愛知「激論!コロシアム」に勝間和代が出演します。



今回のテーマは、



「“戦後70年のリーダーシップ”ニッポンを明るくする理想の総理とは!?」



です。



詳細は番組のホームページからどうぞ



http://www.tv-aichi.co.jp/gekiron/




このエントリーをはてなブックマークに追加



お片付け

登録日:2015/08/21
カテゴリ:メールマガジン

8月21日 金曜日

おはようございます、勝間和代です。

みなさんは、お片付け、上手でしょうか?

私は正直、あんまり得意でないです(苦笑)。

気がつくと、机いっぱいにありとあらゆる本が散らかり、洋服もあっちゃこっちゃにごしゃごしゃとします。

これまで、何度も片付けようと思ったし、いろいろ努力もしたのですが、すぐに戻ります。

で、もう、最近悟ったのは

「どうも、この状態が生活に最適化されている状態らしい」

ということです・・・。

いろいろ、モノの場所を画像で覚えているので、下手にお片付けして、そのものが移動すると、場所がわからなくなってしまうんです。

あと、いかんせん、抜本的にものが多すぎる。特に本!!!!

とはいえ、なにもない茂原に行くとそれなりに落ち着きますから、もちろん、お片付けの重要性は理解しているのですが・・・。

で、これまで とういう手段でリセットしてきたかというと

「引っ越し」

でした。だいたい、数年に1回、ひっこしして、そのときにばーーーーーっとものを処分していきます。段ボールで10箱とか20箱くらいは、本を処分するでしょうか。

電子書籍の時代になっても、結局紙でも本を買うので、状況はあまりよくならないようです。

まぁ、私みたいな人が多いからこそ、お片付け本は飛ぶように売れるわけですね。英語やダイエットなどの

「コンプレックス刺激商法」

の仲間なのかもしれません。

うーーーーん、ちょっとマイテーマの一つとして、頭に入れておきます。さて、どうしたものか・・・。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69080&m=175424&v=062414cc
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69081&m=175424&v=e139b25b
勝間塾のお申込みはこちらから

今日のコラム、みゅーさんは、サクサクテキパキしていて、流されずにバシッと言うことは言う。しなやかだからこその強さを感じています。
プロジェクトにいたら安心、自らも仕掛けをいくつも起こして、仲間のおしりを軽やかに叩きつつ、みんなで前に進めます。 勝間塾のススメでは、裏方に徹しつつも、座談会企画では、名ファシリで勝間さんの勝間塾への思いを巧みに引き出してもらいました。
マルチタスクのスーパーウーマンと思わせながらも、サザエさんのようなウッカリで見せる笑顔がまたキュート。これからも楽しいことにお付き合いさせてくださいね。

---リレーコラム本文---
「遠くまで行きたいのならみんなで行け」
(みゅー,40代,女)

勝間塾では、月例会、サポートメールといった塾から提供されるものに加えて、有志の塾生が立ち上げる勉強会、オフ会などのイベントが頻繁に行われています。
その中にはバスを借り切って遠足したり、イベントスペースを借り大勢の塾生があつまる「お祭り」であったりと、何十人もの人が関わるプロジェクトと言ってもいいような大掛かりなものもあります。
今回出版した「勝間塾のススメ」では100名以上のメンバーが集まり、出版に向けて準備をすすめてきました。

「早く行きたいのなら 1 人で行け、遠くまで行きたいのならみんなで行け」
アフリカのことわざだそうですが、年齢も職業もバックグラウンドも違う人たちが一緒になって物事を進めていくと、時には行き違いが起こったり意見が違ったり。いろいろな調整が必要になってきます。
でも多彩な力が組み合わさる事で、一人ではできないような事が実現できるんですね。
しかも、基本はネットでつながっている緩いつながりの中で共創していくというのは、会社などのしっかりした組織の世界では味わえない体験です。

ちょっとネタばれになりますが「勝間塾のススメ」の章にはいっている塾長との座談会の中で、勝間さんは塾長というより「クラブ活動のキャプテン」って感じ、という話が出てきます。
コミュニティーの一員として、楽しいクラブ活動のように仲間と一緒にいい学びの場、経験を作っていく、これが勝間塾の何よりの魅力なのではないかな〜と思います。

「勝間塾のススメ」を読んでピンときた方!
前向きでいい「気」がたくさん集まる、そんな場所に飛び込んでみませんか?

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69081&m=175424&v=e139b25b
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69082&m=175424&v=136e5fa3

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69083&m=175424&v=f473f934
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69081&m=175424&v=e139b25b
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



USB接続・給電式のパソコンスピーカーが便利!!

登録日:2015/08/20
カテゴリ:メールマガジン

8月20日 木曜日

こんにちは、勝間和代です。

昔からPCにはスピーカーをつないで使っていますが、茂原用に近所の電気屋さんにパソコン用のスピーカーを買いに行ったら、いまは、半分くらいのタイプが

「USB給電式」

でした。これだと、電池とか、ACアダプターが不要になります。

おお、これは便利、と思って買ってみたら、なーーんと、もっと便利なことが2つありました。

その1 USBつなぐだけで、給電だけではなく、出力にもなる(笑)。ヘッドフォン端子より、大きくて、つなぎやすいです。

その2 なーーーんと、USB接続なので、スピーカーについている音量ボリュームで、本体のボリュームを直接操作できる!!!!

いやぁ、この2つ、これまではどちらも不自由だったので、びっくりです。

まだ旧式のスピーカーを使っていて、今度、買い換えを検討している方、ぜひ、USB給電式も視野に入れてみてください。

いやぁ、びっくり。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69030&m=175424&v=7732ef85
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69031&m=175424&v=902f4912
勝間塾のお申込みはこちらから

かんべいさんは、いつも影で勝間塾を支えています。
このコラムの活動もかんべいさんが支えています。また、塾生としての活動も長く、
その活躍を知る塾生は少なくないです。だから、かんべいさんは他の塾生には無い独特な
視点を持っています。さぁ、そのかんべいさんのコラムを早速拝見してみましょう〜。

---リレーコラム本文---
「みんな勝間塾が好きなのです」
(かんべい 関西在住 30代男性)

勝間塾って、どんなイメージをお持ちですか?
勝間和代を狂信するカツマーと呼ばれる人たちが集まる怪しげな集団?
・・・あながち、間違いではありません。
勝間塾長が言い出したわけでもないのに、自主的にプロジェクトが立ち上がり、一緒にやりたいという人がどんどん増えていって、最終的に本にまでなってしまう。
やっぱり狂信的ですね(笑) それぐらい、みんな勝間塾というコミュニティが好きなのです。

このプロジェクトには当初から関わっていましたが、正直に言うと、
最初は本当にこんなのできるのかな、と思っていました(笑) でも、できてしまうんです。
技術が進歩して、ITを駆使すれば世界中の人間と簡単にアクセスできる時代。
全国に散らばる塾生と連絡を取り合って、作業を分担して作品を作り上げていくことも、
技術的には難しいことではありません。もっとも、それができたのは、みんなを束ねる香楽リーダーの力量と、メンバーのやる気があってのこと。作業は全部無償で、大変なことも多かったですが、それでも完成にこぎつけられたのは、コミュニティ愛でしょう。
みんな勝間塾での活動を楽しんでいます。だからできるんです、こんなものが(笑)。

1年近い年月をかけ、いろんな人の知恵を集め、キンドル出版経験のある塾生の意見を聞き、
事務局の協力も取り付けて、『勝間塾のススメ』は日の目をみました。
お金儲けが目的ではないし、勝間塾の宣伝も副次的です。みんなで楽しんで学べる機会を作ることが目的で、その意味では、最高に面白い企画でした。
僕自身、この企画を通じて知り合った塾生がたくさんいます。より親しくなった塾生もいます。これまで全く使ったことがなかったドロップボックスも、何とか使えるようになりました。そして、みんな勝間塾が好きなんだなー、ということもよく分かりました。

たぶん、塾長自身もこのコミュニティで楽しんでいらっしゃいます。自ら「部活のキャプテン」を自認しておられるように、勝間塾って教師−生徒の関係だけではないんです。
最近立ち上がった「大人の遠足」企画での塾長は、はちゃけてますね(笑) 
塾生との時間を満喫されていて、本当に楽しそうです。

このプロジェクトに限らず、勝間塾には協働したり、一緒に学んだりする機会がたくさんあります。自ら作り出すこともできます。
人が集まれば何かが起こるし、協働すれば仲間ができる。
勝間塾長が最近やたらと強調していますが(笑)、その中で結婚したカップルも7組います。
勝間塾、今後どんな企画が興ってくるんでしょうねー。中にいる自分もわくわくです。
そんなわくわくを共有したい方、そして、入塾してまだオフ会に参加されていない方も、
お待ちしています。動けば、何かが起こりますよ。

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69031&m=175424&v=902f4912
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69032&m=175424&v=6278a4ea

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69033&m=175424&v=8565027d
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=69031&m=175424&v=902f4912
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



これまでの自分の麻雀の問題点を今更ながら発見

登録日:2015/08/19
カテゴリ:メールマガジン

8月19日 水曜日

こんにちは、勝間和代です。

麻雀のリーグ戦や予選、相変わらず、勝ったり負けたりでそんなにぱっとしません。

理論書をもう一度読み直したり、いろいろ考えていたときに、ふと気づいたのが

「ほとんどの理論書や統計本は、単純平均期待値に基づいていろいろ書かれている」

ということです。

実はこれ、金融の世界では単純な期待値だけではだめなんです。もっと

「変動幅、最大のプラスと最大のマイナス」

の可能性を含んだ

「リスク調整後のリターン」

で考えます。そうしないと、単純に言えば、最もリスクが大きい株式とかが、もっとも平均的な期待収益が高いからです。

なので、たとえば

「ドラ1カンチャンリーチ」

は確かに、平均値をみるとプラスですが、変動幅を考えると、必ずしもいいリターンとは言えないことになります。

経験から麻雀を学んだ人には当たり前のことも、私のように理論から入ってなんとか何年か飛ばしで追いつこうとしている人にとっては、まだまだ考えなければ行けないことが多いなぁ、と思います。

というわけで、しばらく、

「リスク調整後リターン」

を考えながら、次からのリーグ戦、臨んでみたいと思います!!

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68992&m=175424&v=12ff8833
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68993&m=175424&v=f5e22ea4
勝間塾のお申込みはこちらから

勝間塾に入塾、もしくはサポメ生になると、毎朝サポートメールが届きます。
一体どのようなものなのか、実際に活用されているえみこさんに、その体験をしっかり
語って頂きましょう。紙面の関係で『ススメ』には全文載せられなかったので、こちらで
紹介します。

---リレーコラム本文---
「勝間塾のススメ~サポートメール編」
(コミュ名 えみこ)
勝間塾では、毎朝6時に勝間さんからその週のテーマについてのメールが送られてきます。題してサポートメールです。
ここでは過去のサポートメールで、私にとって特に印象深い週のものをピックアップしてみました。
私がとりあげたのは、2014年2月10日からの「人生が不調な時への対処方法」です。2月12日のサポメで、エジソンが電球を発明する時のエピソードで京都の竹がいいという話がのっていますが、小学生の時、京都に住んでいたことがあり、学校の遠足でも行ったことのある石清水八幡宮というところの竹林の竹が「エジソンの竹」として有名で学校でも習ったことを思い出し、懐かしく思いました。
この例は不調を抜け出す方法として、トライアンドエラーの例として挙げられています。サポートメールでは、その週のテーマについて、1週間にわたり、一つのテーマをとりあげます。そのテーマを7つにブレイクダウンして、勝間さんによる解説や提案のあと、その日とりあげられていたことに関する課題が提示され、これに対する考え・意見を「勝間コミュニティ」という勝間塾専用のSNSに投稿でき、ほかの方の意見も知ることができます。
受動的に毎朝6時に送られてくるメールを読むだけではなく、少しの時間でも課題を考えて投稿することで、その週のテーマに対する自分の考え、今後の取り組みが少しずつ見えてきて、1週間の最後にはその週に自分が得られたことと今後につなげていきたいことを投稿して、実際の行動につなげていくというステップを踏むことが可能です。週ごとの課題(本を読むこともあります)をサポートメールを読み、課題を考え、頭を整理することで日々の行動につなげ、なりたい自分になれるように努力する。そういった橋わたしをしているメールなので、「サポートメール」というネーミングなのかな、というのが私の解釈です。
今回このテーマをとりあげたのは、2月15日のサポメ、「その6 手当たり次第、本を読む」のところに勝間さんがご自身の不調をのりこえるために読んだ本として「史上最強の人生戦略マニュアル」にふれられていたからです。この本の勝間さんによる翻訳本が、「もうどうやって生きていったらよいかわからない」と途方にくれていた自分に立ち上がる勇気を奮い立たせてくれた本だったのです。
すべてを自分のこととしてとらえて、他者に対する憎しみなどがあってもそれを許して、自分の人生は自分でコントロールしていく。そういった内容をかみ砕いていきながら、次へのステップにつなげていく・・・この時の感覚を、縁あって勝間塾生となった今は毎朝送られてくるサポートメールで実践しているのだと思います。ぜひ毎日サポートメールを読んで、ざっとでもいいので課題について考えてみてください。
時間がある時は勝間塾専用SNSである勝間コミュニティに課題の回答やご自身の考えを投稿してみてください。それに対するほかの塾生の方からもコメントをもらえることもあります。コミュニティで課題の回答に関連して目標を宣言したりすると、他の塾生の方から応援メッセージをいただけることもあったりします。毎朝届くメールをきっかけに、他の勝間塾生との意見交換・交流もあり、勝間さんや勝間塾の仲間のサポートを得て、少しずつ少しずつステップアップしていくことができます。そのためのツールがサポートメールです。
いきなり塾生になるのは、とためらわれる方もまずはサポートメールを通じて、勝間塾の「みんなで頑張って成長していこう」という雰囲気を実際に味わってみてはいかがでしょうか。私は昨年11月半ばに入塾し、オフ会参加が12月31日から、サポートメールの課題の勝間コミュニティへの投稿が1月半ばからです。11月12月にサポートメールをただ受動的に読んでいただけの時よりも、実際に課題投稿したり、オフ会で実際の勝間塾生の方と接することで、この数か月だけで本当にいろんなことを学んでいます。月例会も合わせるとかなり濃密な学びができます。
さまざまな学びそして勝間さんはもちろん、個性と魅力に富んだたくさんの塾生との出会いへの第一歩として、ぜひサポートメールを手にとっていただければ、と思います。本当におススメです!
いつか月例会やオフ会でお会いできるのを楽しみにしております。


---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68993&m=175424&v=f5e22ea4
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68994&m=175424&v=2d215582

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68995&m=175424&v=ca3cf315
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68993&m=175424&v=f5e22ea4
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



カスタマイズのカスタマイズ

登録日:2015/08/18
カテゴリ:メールマガジン

8月18日 火曜日

こんにちは、勝間和代です。

一部で話題になっている(笑)、バイクの屋根ですが、最初につけたグロムのルーフ、3回ほどいろいろと修正を加えてもらっています。

特に3回目の修正は、大幅にコンセプトを変更して、視界をなるべく遮らない具材に変えてもらったら、ずっと課題だった

「閉塞感」

が一気になくなりました!!

なので、晴れの日にもほとんど気にせずに、乗ることができるようになりました。

もともと、イノベーションの理論で、ものごとの普及は

イノベーター→アーリー・アダプター→(キャズム)→アーリー・マジョリティ→レート・マジョリティ→ラガード

と進むとありますが、私は乗り物に関しては、イノベーターかアーリー・アダプターに近いと思います。

で、この人たちの特徴は

・革新性や機能性重視
・自分の望む利益を得るためには、時間とお金を惜しまない

だそうです(笑)。

もっとも、人間は全ての場面でイノベーターな訳ではなく、それぞれ、自分が興味があったところだけ、そうなります。

たとえば、私は洋服に関しては、完全に

レート・マジョリティ

でして、はやりだしてピークをこえた頃、ようやく腰を上げる、という感じです。

とりあえず、身近なこと、いろいろなフレームワークに当てはめると、楽しいですよね。

というわけで、カスタマイズして、順調です!!



---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68946&m=175424&v=f524b863
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68947&m=175424&v=12391ef4
勝間塾のお申込みはこちらから

のりこさんと言えば、私の中では責任感強く、正直で心がきれいな人という印象でした。
それは投稿の文章から感じたことだったんですが、実際にお会いして、表情にもそれが表れていることを実感しました。やはりいつも勝間さんがおっしゃる、非言語情報、実際にお会いするのって大事ですね。
今日の勝間塾のススメレポートを読んで頂けたら、それがおわかり頂けると思います。

---リレーコラム本文---
「電子書籍『勝間塾のススメ』の誤解」
(のりこ 40代 女)

この度、電子書籍「勝間塾のススメ」を、塾生有志104名で出版しました。
そう書くと、ふーん、事務局が勝間塾の宣伝目的で企画したんでしょ?
もちろん、勝間塾長が監修ですよね?
104名? 104名分の勝間塾のお勧め文が並んでるんだ・・・(面白いのそれ?)、
と思いますよね。

いえ、誤解です! 違うんです!
前書きを読んでいただくと分かりますが、事務局サイドからの起案ではなく、塾の課題として出された、一人の塾生による本の企画案から始まりました。
そして、それに魅了されたもう一人の塾生による呼びかけで、有志が雪だるま式に集まり、本を制作することになったのです。
制作の目的は、宣伝目的、塾生集めではありません。
私の理解では「皆で本を作る、その過程を楽しむこと」でした。
皆でワイワイ・ガヤガヤと、自分の提供できるリソースの範囲内でやること。
そう、全くのボランティアなので、これが重荷となる方は、メンバーからはずれていいですよというスタンスでした。
商業目的でないことが、事務局起案でないことの証ですっ!
(もちろん、事務局には大変お世話になりました!!)
そして、その目的は充分達成されたように思います。

期待されてる方には申し訳ありませんが、勝間塾長による監修はなされていません。
自由にやらせていただきました。(塾長の名誉のためにはっきりと書いておきますね!!) 
もちろん、後書きはきっちりお願いして書いていただきましたが。

今思うと、縛りのないおかげで、様々な方向のアイディアがたくさん出て、面白いものができたと思います。完全に自分たちがやりたいことだけ。
正直大丈夫なのかー??と思うこともありましたが、ブレーンである執行メンバーの采配と編集チームの努力により見事に構成案にまとまり、驚きつつもほっとしたのを思い出します。
はい、そうです。すみません。完全に内輪本です!
でも安心してください。文集ではありません(笑)。

勝間塾との出会いでステップアップしていった塾生たちのインタビュー、オフ会活動、ストレングスファインダー等、読めば目鱗ポロポロの内容となっています。
さらに、クスッと笑えるイラストや「カツマンガ」、表紙のタイトル題字は、全て塾生であるプロのイラストレーターと書家によるものです。
もちろん、勝間塾に興味ある方にとって気になるところの、これまでの月例会のテーマや、有料メルマガのテーマのリストも完備!

充分塾生以外の方でも楽しんでいただける内容で、なんと100円! 100円です!
お買い得過ぎです!
(私も全体を読んだのは100円払ってからだったので、驚きました!)
勝間塾ってどんなところ?と少しでもご興味を持ってくださる方に、ぜひ読んでいただきたいと思います!

そしてそして、何がすごいって、これ、104名が必ずしも全員リアルで顔を合わすことなく完成したこと! 
なんせ、日本全国&海外に散らばる塾生同士です。幹事チームや取材が必要なチーム以外は、フェイスブックグループとドロップボックスでつながり、やりとりを重ね作っていきました。
しかも、会社組織での業務とは異なり、完全にフラットな関係での協働です。
それでよくまとまりましたね〜と思いませんか?

本当にそうなんですが、出来上がってみると、不思議でも謎でもなんでもないんです。
勝間塾生は個性豊かな方が多いのですが、共通する特長が、

「Giveの精神」を持ち、
「ドリームキラー」ではないこと、

なのです。
それだけですが、最も大事な特長で、今回この本が完成したのも、その特長があったからこそなのではと思います。

そんな勝間塾生の仲間になってみませんか?
入会退会いつでも可! お気軽にお試しください〜♪



---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68947&m=175424&v=12391ef4
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68948&m=175424&v=9fd3486e

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68949&m=175424&v=78ceeef9
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68947&m=175424&v=12391ef4
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



合宿所でゆっくり眠れるわけ

登録日:2015/08/17
カテゴリ:メールマガジン

8月17日 月曜日

こんにちは、勝間和代です。

何回か紹介していますが、勝間塾では、千葉県茂原に研修所を開いています。

で、ここ、私も来る度にそう思うのですが、他の人も同意していますが、とにかく

「ぐっすり」

眠れます。最大の理由は、やはり

「雑音が少ないこと」

ではないかと。

ほとんどものがないので、生活家電の音や、あと、人気も少ないので、近くを通る車の音とか、そういうものが一切しません。

なので、朝目覚めたときに、これもだいたい、朝の光で起きるのですが、ぐっすりと、疲れがとれた感じになるのです。

なので、たまに休憩だけきてもいいと思うくらいなのですが、やはり、都会だと、知らず知らずにものすごーーーーく、いろいろな音に囲まれているのではないかと思うと、もう少し、音に敏感になろうかなぁ、なんて思います。

デジタル耳栓のように、雑音を逆位相で消すグッズも出ていますが、こんど、東京の家では、寝るときにそれを試そうか、なんて思いました。

どうしたら、もっと東京以外で暮らす時間を長くできるか、もう少し考えていきたいなぁ、と思います。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68918&m=175424&v=901e386a
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68919&m=175424&v=77039efd
勝間塾のお申込みはこちらから

「勝間塾のススメ」プロジェクトリーダーの香楽です。
本日のコラムのゆかさんは、カッコよくて頼りになる姐さん(笑)です。 彼女がある仕事へ取り組む姿勢を見ていて、その積極性、行動力、周囲との親和性に惚れ込み、ラブコール、編集チームリーダーをお願いしました。一見、一匹狼的な印象ですが、実は親密性も高く、もう一人のリーダーのSさんとのSF (※ギャラップ社の強みを見つけるツール) バランスも良さそうだったので、絶対にうまく行くと思ってました。 実際作業を進めてみると、期待してた以上の仕事ぶりで、Sさんとの相性もドンピシャ。彼女達のおかげで、より良い本になったと思います。本当に感謝してます(*^^*)

---リレーコラム本文---
「コレ全部3か月半で身につけました! 」
(ゆか 49歳 東京都)
私はつい最近まで、普通のビジネスマンが身につけていると思われるネットツールのスキルはほとんど携えていませんでした。
私は小学生に国語を教える仕事をしています。会社は私と主人の二人でしていますので、情報はネットを介さず口頭で共有していますし、ネットツールを利用するようなビジネスの相手もいませんでした。ところが、入塾2か月目の私が、『勝間塾のススメ』の編集チームのリーダーに選ばれました。おそらく国語教師として需要があったからだと思いますが、そのことが本当に活かされたのは、編集も大詰めになってからで、最初は、知らなかったツールの開拓に時間を割くこととなりました。
まず、半ば放置していたFacebookが俄然威力を発揮し始めました。連絡を取り合うのにグループが次々と出来ました。Facebook上でのアンケートの採り方などもわかりました。どういうしくみになっているか考えている時間もなかったので、利用しながら使い方を覚えていったのですが、逆にそれが効率的で実践的でした。
次にEvernoteの活用です。Evernoteで原稿を届ける人がいたからです。Evernoteのアカウントは持ってはいたのですが、上手な活用方法が見つからず、こちらも放置していました。Evernoteを利用する中で、ドキュメントを斜めから撮影しても綺麗にトリミングし保存できるアプリなども活用しました。
次にWordの共有です。原稿は仕事で書きますが、人と原稿を共有したことのなかった私は、初めて校閲機能を使いました。1つの原稿を2〜3人で校正しても、履歴が残り、誰がどこをどのように直したのか、また、その意図をコメントで書き込めることも便利でした。
次に、仕上がっていくファイルを置いておく場所として、Dropboxを初めて利用しました。さわった履歴も残るし、お知らせも来るし、スマホからでも見られるし、とても便利でした。
そしてSkypeです。編集チームは全部で4人。私ともう一人は都内在住ですが、残りの二人は、兵庫と沖縄です。打ち合わせに初めてSkypeを利用しました。Skypeは、他にも幹部ミーティングの時に使用しました。
このように、たった3か月半で、私はこれらのツールを相当なレベルで使いこなせるようになりました。これは普通の生活を送っていたらあり得なかったことです。まるで専門学校に通ったような収穫です。
そして、これが一番重要なのですが、全くの素人に対し、勝間塾の仲間は、本当に根気よく付き合ってくれたし、上から目線ではなく親身になって親切に教えてくれたし、使い方でミスをしても丁寧に正してくれました。そして何よりチームワークが素晴らしかったです。ストレングスファインダーテスト(SF)の結果が見えますので、それぞれ強みがしっかりわかります。頼むときには頼みやすかったし、自分の方がこれはできる! と思ったことについては、きちんと申し出るなどして、どんどん作業がはかどりました。もしこのメンバーで会社を立ち上げたら、ものすごいことができるんだろうな、と思うようなチームワークでした。
特に編集チームで最後の完成まで一緒に作業をしたSさんとは、最強のタッグを組めました。二人ともゴールが見えているので、女性にありがちな「これ言ったら気を悪くしちゃうかな」的な余計な気遣いをせずに、気がついたことはどんどん改善して、作業が進みました。また、SFの資質「強み」が3つもかぶっているので、阿吽の呼吸でいけました。でも、大きく違う資質もあったのです。思い立ったらもう走っている「活発性」持ちの私、じっくり考えよう、目的を見失わないようにしようとする「慎重さ」持ちの彼女、正反対が故のベストパートナーでした。

ツールが使えるようになったことはこれからも仕事で活かせていくと思います。
しかし、それよりも、チームワークのあり方、集団で何かをしようと思った時の自分の活かし方がわかって、この『勝間塾のススメ』チームに入ることが出来て、本当に良かったと思いました。

そんな私が編集を担当した『勝間塾のススメ』是非読んでみてください。100円とは思えない価値が詰まっています。

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68919&m=175424&v=77039efd
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68920&m=175424&v=76a33815

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68921&m=175424&v=91be9e82
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68919&m=175424&v=77039efd
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



ママチャリ(軽快車)とスポーツ系の自転車の違い

登録日:2015/08/16
カテゴリ:メールマガジン

8月16日 日曜日

こんにちは、勝間和代です。

茂原の研修所では、自転車はママチャリを使っています。北見から持ってきたものですが、普通のママチャリの電動アシスト自転車です。

で、家では普段、スポーツ系の自転車しか乗らないので、つくづく、乗りながら

「別の乗り物だよなぁ」

と感じます。

軽快車は、まず、重い。あと、ペダルを踏み込んでも、さほどスピードが出ないので、車道を走るとちょっと怖いです。サドルとペダルの関係も、確かに直立で楽に運転できるのですが、サドルの高さをちょうどよくすると、足がまだ少し余ってしまって、きっちり踏み込めないので、膝が痛くなりそうです。

結果、1回まぁ、片道3-4キロくらいですね。それ以上だと、つらい。

一方、スポーツ系は、まず軽い。ママチャリより5キロ以上軽いものが多いです。あと、サドルの高さが合わせると、ほとんどの自転車はちゃんと踏み込めるようになっているので、早いです。時速、25キロとかは普通に出ます。ママチャリだと、18キロくらいでしょうか。

なので、片道、5キロくらいまでは、あっという間につきます。だいたい、ああ走ったなぁ、と思うと10キロくらいです。

さまざまな自転車の規制について、ママチャリもスポーツ系も、同じに扱うのはなかなか難しいなぁ、と思います。

また、ママチャリ系しか乗ったことがない人は、ぜひ、機会があったら、スポーツ系自転車も試してほしいと思います。自転車への感覚がずいぶん変わると思います。

前からずっといっていますが、みんな、自分の経験の範囲でしか物事解釈はなかなか難しいので

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68878&m=175424&v=2df298b0
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68879&m=175424&v=caef3e27
勝間塾のお申込みはこちらから

「この本面白いよ」と言うより「この本○○○だからびっくりしたよ!よかったよ!」と言ったほうが興味がわきますよね。 付加価値のつけ方はいろいろありますが、今日は勝間塾のムードメーカーさっくんが『勝間塾のススメ』の生まれた背景をとってもわかりやすくまとめてくれました。

---リレーコラム本文---
「ホワッツ勝間塾?」
(作田勇次 29歳 男性)
2013年7月1人の勝間塾生が本の企画書を書いていた。
その方は三重県在住の塾生ひろべーさん。
ひろべーさんは勝間塾歴も長く、みんなの応援をするのがとにかく好き。そんな方だ。
そしてもちろん勝間塾も他の塾生のことも塾長勝間和代のことも大好きで、彼女自身も勝間塾での活動を楽しんでいた。
しかし、問題があった。勝間塾で活動している人から見た勝間和代、勝間塾と世間から見た勝間和代、勝間塾にはあまりにも大きなギャップがあったのだ。
「あいつらは勝間和代を教祖のようにもてはやしてまるで信者のようだ」「どこかのカルト集団なんじゃないの?」世間から浴びせられるギャップを埋めたいと感じていた。
勝間塾はそんなところではない。そんな想いを胸に勝間塾生ならではの視点で実際に他の塾生のインタビュー企画などを盛り込んだ企画書を書き起こした。
勝間塾とはこういうところだよという実態を明かした内容の企画書を2013年7月『著者になる』というテーマの会で発表。なんとその企画は最優秀企画に選ばれたのだ。
「勝間塾生以外には売れそうにもありませんが(苦笑)、勝間事務局が全面バックアップします」という太鼓判を押してもらえることに。
そして企画は始動し始めた。 勝間塾のススメが無事出来上がった。ちゃんちゃん。
…とはいかなかった。
プロジェクトは始動しなかった。いや、正確には出来なかった。
三重県在住のひろべーさん1人では全国にいる塾生へのインタビューをして回ることは至難だったのだ。プロジェクトはここで終わった。そう思った。
しかし、翌年奇跡が起こる。
翌年4月に入塾したひとりの塾生がこの眠っていた企画の存在に気がつき、興味本位から進捗状況を訪ねたことをきっかけにプロジェクトが再始動したのだ。
今度はなんと総勢104名もの塾生が共同してプロジェクトに取りかかった。
それから更に1年後の2015年7月11日。今度は本当に「勝間塾のススメ」が正式にKindle本となってリリースされた。本の内容はインタビューやアンケートなど、生の塾生の声や日々行っている活動をぎゅぎゅっと詰め込んだ内容となっている。
果たして勝間塾とは一体何をしているところなのか? 本当にメディアに報道されている通り勝間信者ばかりなのか? 一体どんな人たちが集まっているのだろうか?
勝間塾に興味を持っている人はもちろん、実際はどのような感じなのか疑問を持っている人にはオススメしたい。その答えがこの本の中に収録されている。
そして何と言ってもこの本は3,000円でも1,500円でもなく100円。
3,000円でも1,500円でもなく、そう、たったの100円なのである。
勝間塾が少しでも気になっている人はポチしてみる価値はあるのではないだろうか?
第1章の中にはこんな一文もある。
「塾長が好きっていう熱狂的な方って入ってこられますか?」
さて、塾長勝間和代はなんと答えているのだろうか。
この続きはぜひご自身の目で確かめていただきたい。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68878&m=175424&v=2df298b0
私は勝間塾で知り合った仲間とともに立ち上げたファンサンエブリーとして、事業立ち上げのきっかけなどが含まれたインタビューに参加させていただいた(インタビュー3)
ちなみに本の表紙のタイトルはファンサンエブリー共同事業者であり、書家でもある粧虹さんのとっておきの作品となっているので、そちらも合わせてお楽しみいただきたい。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68878&m=175424&v=2df298b0
勝間塾とはこのようなところである。 メディアから見た勝間塾とは一体何が違うのだろうか? ぜひこの機会をお見逃しなく!



---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68879&m=175424&v=caef3e27
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68880&m=175424&v=688c2500

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68881&m=175424&v=8f918397
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68879&m=175424&v=caef3e27
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



蚊アレルギー

登録日:2015/08/15
カテゴリ:メールマガジン

8月15日 土曜日

こんにちは、勝間和代です。

茂原の研修所にツーリングに来ました。ゴルフ練習組と夜に合流して、くつろいでいたところ、蚊がぷーーーん、と飛んできました。

私が大騒ぎして、すぐにべーフをつけて、スプレーをまきちらしたら、他の人が

「きょとーーーん」

としています。なぜ、そこまで、大騒ぎするのか、と。

で、その後、結局他の人を見送っているときに外で刺されて、その様子を見せたところ、みんなが

「わーーーー、そういうことか」

と納得してくれました。つまり、私はいろいろアレルギーがあるのですが、蚊も

「アレルギー」

なので、一度刺されると、その周囲が500円玉か、それより大きいくらい、腫れ上がるんです。そして、それが1週間くらい、そのままかゆみが続きます。

蚊アレルギー出ない人は、プツンと小さくなって、そのままほっておくと収まる、という感じですが、アレルギーの人は、気をつけないと、重症化します。

まぁ、対策としては

「刺されないのが一番」

だそうです。

でも、性懲りもなく、翌日、合宿所においていた自転車に空気を入れている間、4カ所も刺されてしまって、相変わらず腫れ上がりまくっていますが、なんせ、自分が小さい頃から、刺されるとそうなるので、他の人もそうなるかと思っていたら、これは人によって、反応が違うわけです。

なので、腫れ上がる方は、実は

「アレルギーなのかも」

と疑ってみてください。

ふーーーーう。かゆいよーーーーー。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68858&m=175424&v=f0eaae32
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68859&m=175424&v=17f708a5
勝間塾のお申込みはこちらから

本日のコラムのおかちまちたろさんは、まさに勝間塾へ入塾されて信じられないくらい成長されたお一人です。塾生のつながりから様々な講座を通して作った人脈は本物!
あらゆる情報を収集するフォトリーディングをはじめ、人口密度ならぬ人生密度を高くする人生戦略講座、フューチャーマッピング(旧全脳思考)、春夏秋冬理論から西洋占星術まであらゆる事にこだわり続けるその姿勢は、塾生だけでなく外部のつながりにまで良いモチベーションを与えています。
また、行動する読書会を目的とした「Read For Action読書会」の認定ファシリテーターでもあります。長い間の演劇活動で鍛えられたそのファシリテーションオーラは必見です!ぜひ、入塾して一度たろさんの読書会から参加してみてください。きっとそこから、素晴らしいネットワークが広がっていくことでしょう。

---リレーコラム本文---
「勝間塾でパーソナルネットワークを」
(たろ 御徒町 東京都)
勝間塾のサポートメールで、2013年6月に「パーソナルネットワーク」安田雪氏著を
取り上げたことがありました。
そこでは、
・互助的なネットワーク
・弱い紐帯(結びつき)は、分断されがちな小さなコミュニティ同士を結びつけたり、
 情報収集や拡散・社会統合機能においても、優れた機能を持っている
などを学びました。
勝間さんも、『人的ネットワーク作りには利他性が不可欠なのに、そこに戦略性や、ソーシャルキャピタルの概念を持ち込んだ瞬間に、その利他性の美しさがくずれて、うさんくさくなってしまう。−−−下心のある人脈形成は難しく、気持ちが悪い』
と言っています。
勝間塾って勝間さんのファンクラブではありません。
個人の下心ある人脈形成で集まった集団でもありません。
知のスポーツクラブであり、塾生は互助的なネットワークで繋がっています。
勝間さん有名人なのに、恐ろしいくらいフラットに塾生と付き合います。
この書籍にもありますが、「部活のキャプテン」なんですよ、本当に。
このフラットに接してくれる「部活のキャプテン」がいるおかげで、塾生は自分達の意思で活動し、そして利他性を発揮して互助ネットワークを形成していってます。
例えばこの電子書籍がそうです。この本、勝間さんには、対談、あとがきをお願いしていまが、あとはぜーーーんぶ、塾生で企画してインタビューして、原稿書いて制作しました。
自分の強みを生かして、ボランティアで作りあげたものです。
自分も制作に携わりましたが、電子書籍を作る体験ができるなんて、とってもとっても感動ものでした!
ゆるくつながることの大切さ。それは、自分の可能性を広げます。
利他性の大切さ。それは、自分が独りではないことを教えてくれます。
ルールはただひとつ。「ドリームキラーにならない」です。
ゆるくつながって、わくわくしながら未来を一緒に創っていきませんか?


---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68859&m=175424&v=17f708a5
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68860&m=175424&v=1657ae4d

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68861&m=175424&v=f14a08da
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68859&m=175424&v=17f708a5
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



「ダムカード」を知っていますか?

登録日:2015/08/14
カテゴリ:メールマガジン

8月14日 金曜日

こんにちは、勝間和代です。

いま、勝間塾で千葉県にツーリングに来ています。今回の目玉は

「ダム巡りでダムカードを集める」

です(笑)。

ダムカード、私も今回のツーリングまで知らなかったのですが、国土交通省が企画して、主要なダムで配布しているものです。

「ダムカード」について http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68823&m=175424&v=854128f0

で、このカード、かわいい!!

ダムの写真と、それぞれのダムの特徴が記載されていて、集めたくなります。

千葉県は4カ所で、今回はそのうち3枚を集めたので、次回は最後の1枚にチャレンジしたいと思います。

全国で200カ所以上あるみたいなので、もし、地元にダムがある方、ぜひ、集めてみてください。

なんか、わくわくしますよーー。

勝間塾のツーリングも今回で14回目、250ccから1300ccまで、さまざまなバイクで今回は7人集まり(男性4人、女性3人)、楽しく遊んでいます。

もしよかったら、一緒にダムカード集めませんか?

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68824&m=175424&v=5d8253d6
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68825&m=175424&v=ba9ff541
勝間塾のお申込みはこちらから

勝間塾では勉強会だけでなく、朝のメイクレッスンや大人の遠足など楽しい企画も塾生が主役となって開催し、気軽に参加できる仕組みがあります。 一緒に学んでいて感じるのは。。 あじちゃんの素直さです。 新しいことを覚えた感動。楽しさを素直に表現するあじちゃんと一緒に過ごす時間は心地いいです♪ ああ。焦らなくても大丈夫なんだ。と安心感を頂いています♪ これからも少しずつ。。少しずつ。。「一緒に」成長していきましょう。

---リレーコラム本文---
「仲間と学ぶ人生のススメ」
(あじ、東京都、40代、女、会社員)
きっと、このコラムを読んでいる方は、すでに自分を成長させることを意識し、日々過ごされている方が多いと思います。
「よしっ!○○の資格をとるぞ!」とか「今年こそは、起業の準備をしよう」とか、「日々の業務を効率化したい」「仕事とプライベート、両方充実させたい」
など、目標をもって、日々努力されている方が多いのではないでしょうか?
だけど、今ひとつ頑張っているのに、自分の成果が感じられなかったり、モチベーションが続かなかったり・・・
また、日々生活していると、様々なことが起こります。
家庭での問題や、仕事でのトラブルを抱えていると、なんとな〜く、モヤモヤとした気分になりませんか?
モヤモヤで済めばいいのですが、ドツボにはまると、何ヶ月もずど〜んと憂鬱な気分のまま、
月日だけが過ぎていってしまったり・・・・
私も勝間塾に入る前は そんな生活でした。
周りの人にアドバイスをもらいたくても、家族に話してもそもそも、自己成長とかに興味が全くないし、仕事のことは、会社の人にはかえって相談しにくいし・・・
なんとなく、どう行動したらいいのかわからず、彷徨う生活が続いていました。
なんか私って、生きづらい性格なのかも、と思っていました。
ですが、勝間塾に入塾し、同じ塾生と活動していくうちに、少しずつではありますが、向上心が行動に結びついたり、なんとなくモヤモヤと月日だけが過ぎていってしまう時間が少なくなっている自分を感じるようになりました。
様々なバックグラウンドの人が集まっているので、意見や情報に多様性があり、今まで自分のなかでしがみついていたことが、たいしたことないと思えたり、問題解決の方法を教えてもらえる場もあります。
あるとき、今まで感じていた「生きづらさ」が、物すごく軽くなっている自分がいました。
このように、少しずつでも変われたのは、家族でもなく、友人でもなく、同僚でもなく、
一緒に学びあえる、「仲間」という存在がきっかけになったと思います。
知らず知らずのうちに、「生きていくうえでの、ちょっとしたヒント」のようなものを沢山
学べる環境にいたのです。
目標達成や習慣化に、「公開宣言」という、他人に宣言することで、行動に結びつける、
という手法がありますが、勝間塾のコミュニティは、まさにこの「公開宣言」が一杯です。
英語、統計学、ビジネス、そして、ゴルフや麻雀などまで、多岐にわたり、
「自分はこういう事を学びたい」「こういうレベルまで出来るようになりたい」
「○○検定受験します」などと自ら発信し、同じ目標の仲間同士、
進捗を報告しあったり、励ましあったり、一緒に学びあっています。
また、「こんなことにチャレンジしてみました」とか「こんなことやってみました」などの投稿を目にすると、休みの日にだらけて、昼寝してしまいそうな自分に、「あの人もこんなに頑張っているのだから、自分も頑張ろう」という、「やらねば」という強制感ではなく心地よい刺激をもらえます。
そんな一緒に学んでいる仲間達で、「勝間塾のススメ」という本がつくられました。
本の内容は、そのような「仲間」での活動や人の魅力が沢山書かれています。
全国で開催されているオフ会の様子や、書籍出版を実現した自分の名前で活動をするようになった方など、「なりたい自分になる」ために新たなステージに立ち活躍している方々の
インタビューもあります。
ぜひ、あなたも、「仲間と学ぶ人生」を味わってみてください。
まずはちょっと 味見をしてみたい方は、この「勝間塾のススメ」を読んでみたら
いかがでしょうか?


---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68825&m=175424&v=ba9ff541
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68826&m=175424&v=48c818b9

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68827&m=175424&v=afd5be2e
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68825&m=175424&v=ba9ff541
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



時間が必要なのかも

登録日:2015/08/13
カテゴリ:メールマガジン

8月13日 木曜日

こんにちは、勝間和代です。

なんか、麻雀、ぱっとしません。大負けはしなくなりましたが、大勝ちもしません。目標にしていた、女流リーグ決勝進出は、第2節で2回も

「オリ打ち」(=相手のリーチに対しておりているのに、最善の牌を打っても、それが当たりになること)

で、12000点を払い、当然、その2回ともラスになり、第1節で稼いだポイント全部使ってしまいました。

なので、かなり厳しいです。

以前の、がーーーっと上達した頃に比べると、停滞しています。

ただ、こういった技能系は、どうしても踊り場があるため、ほっておくか、地道に練習していると、突然、半年後とか、1年後とかにうまくいくようになっているので、時間に任せるしかないかなぁ、と思っています。

最近ゴルフは月に1−2回、ラウンドにいくだけになっていますが、逆にそちらはほとんどたいしたことが起きなくなってきました(OBとか、ラフにいれるとか)。

なにが変わった、というわけではなく、時間だと思います。

しばらく、体の中でいろいろなことが統合することを、地道に待ちたいと思います。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68782&m=175424&v=746075d4
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68783&m=175424&v=937dd343
勝間塾のお申込みはこちらから

(加藤みどりの声で)こんにちは前書き担当です。
今日のコラム担当のゆきさんは、勝間塾のムードメーカ−。
いろいろなオフ会でいつもニコニコ、みんなを和ませてくれるんです〜。
おうちでは、小型犬チワワのお母さんです。
さーて今回のゆきさんは?
「ゆきさん多摩にいく」「3匹の名前を当てろ」「探し物は何ですか?」
の3本です。 それでは又来週〜。じゃん、けん、ぽん!うふふふ♪

---リレーコラム本文---
「4年前の自分へ」
(ゆき、40代、会社員)
2011年の夏、仕事が忙しくてバタバタとしていました。
ある夏の日、勝間さんからの無料メールマガジンには、PDFでの「KatsuMagazine」へのリンク。
クリックすると、大人たちが大勢集まって満面の笑顔の集合写真。
この「勝間塾」というのは、いったい何?。大人になってまで塾?なんだ?
ファンクラブみたいなもの?みんなの笑顔がまぶしすぎて、ついていけない。
自分にはこんなことする時間なんてないよ、あったら寝ていたい。
ねじれたうらやましさは、妬ましさに変わり、内容を読み込むことがないままに
PDFを閉じてしまいました。
あの夏、会社と家の往復ばかりでシステム外の人に会うことなんか、なかった自分。
それから時は流れて、妙に親しげなメルマガに詰め込まれたおしゃべりを、
毎日読むようになっていました。
2013年1月からお試しキャンペーンにつられ、ものは試しで勝間塾へ。
最初は、塾生の仲のよさに入り込めず躊躇していましたが、イベントに参加するうちに楽しくなって2年半、今もなお続けています。
このKindle本があったなら、もっと早くに勝間塾に入っていたでしょう。
なんとなく勝間塾が気になるならば、こちらのKindle本。
成功した方、現在変わりつつある方、動き出した方、全国、海外にもいる塾生の風を感じませんか?



---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68783&m=175424&v=937dd343
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68784&m=175424&v=4bbea865

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68785&m=175424&v=aca30ef2
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68783&m=175424&v=937dd343
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



勝間塾無料説明会 今回は8月26日(水)です!

登録日:2015/08/12
カテゴリ:メールマガジン

お世話になります。
勝間和代コンテンツ事務局です。

毎月開催させていただいている勝間塾無料説明会ですが、今回は8月26日(水)に開催いたします。
勝間塾に興味のある方は、ぜひご参加いただければと思います。

勝間塾無料説明会

日時:2015年8月26日(水) 19:00−20:00
場所:JR浜松町駅徒歩5分、都営地下鉄大門駅から徒歩1分以内(詳細はお申込み後配信のチケットメールに記載されています)

申し込みURLはこちらです。
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68770&m=175424&v=717daeb7

※勝間塾無料説明会にご参加いただくと、勝間塾月例会の受講費用が初月半額となります。

勝間塾とは?
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68771&m=175424&v=96600820

毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、 コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

--------------------
勝間和代コンテンツ事務局
helpdesk@katsumaweb.com
--------------------



このエントリーをはてなブックマークに追加



真夏はEV(電動乗り物)がよく似合う

登録日:2015/08/12
カテゴリ:メールマガジン

8月12日 水曜日

こんにちは、勝間和代です。

またまた、真夏ネタですみません。

真夏の移動ですが、空調服以外で、重宝しているのが

「EV」 Electric Vehicle 電動乗り物

です。原付1種のEVを1台持っていて、大してスピードは出ないのですが、だいたい片道5キロくらいまでは、よくこれで移動しています。理由は簡単で

「一番涼しいから」

です。

まず、バイクと違って、足下が過熱しないから、ストーブを抱いて走る感じにならない。あと、自転車と違って、こがないから、本人が過熱しない(笑)。

こうなってくると、もう少し早く走るEVほしいなぁ、なんて、余計なことを思い出すのですが、これ以上乗り物が増えても大変なことになるので、やめておきます、たぶん(笑)。

ちなみに、EV、一番身近なのは、おそらく、ゴルフをする方は、ゴルフカートだと思います。ほとんどのカートがEVですが、あんな感じです。

大きいものだと、リーフとか、テスラですね!!

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68759&m=175424&v=1e51131e
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68760&m=175424&v=1ff1b5f6
勝間塾のお申込みはこちらから

本日の塾生コラムは、『勝間塾の聖母マリア』Leeさんです。
子育てがひと段落したLeeさんは、今まさに旦那様とのアツアツな日々をエンジョイしていらっしゃいます。
FPの知識、また、勝間塾で学んだストレングスファインダーの知識を活かしてお勤めの会社でも大活躍!
お茶目なところもあって愛嬌たっぷり、海のように心の広いLeeさん、 これからも母のように私たちを見守って下さいね!

---リレーコラム本文---
勝間塾のススメ(電子版)作成メンバーLeeです。
1人の塾生のアイディアから生まれた「勝間塾のススメ」、完成間近という事でこれまでの軌跡をたどってみました。
私は沖縄在住で勝間塾の活動は主にコミュニティでのやりとりほとんどでリアルにみなさんとお会いすることもない中の参加でした。
勝手に気心の知れた仲だと思っていましたので不安はありませんでした。
実際に参加して一つのものを作り上げていく中でつながりがまた深まったという実感もあり私にとって今回の成果はこれに尽きると思っています。
遠隔での作業は、SkypeやDropbox、Facebookのメッセンジャーやグループ機能を利用して初めての共同作業を行いました。
いまFacebookグループのサイトをさかのぼっていますが、立ち上げが2014年9月12日になってます。
あれから10カ月が過ぎたとは、総勢103名みんなも私もよくがんばりました。
完成までの軌跡をたどるとまた感動です^^
しかし技術の進歩には驚かされますね〜。
私は51歳なので、インターネットの始まりから見てきたわけで、30年前にはこんな時代がくるとは想像できませんでしたから〜。
地域、年齢、性別の枠を超えて、一つの事を成し遂げることが出来、それを仲間と共有できるなんてすばらしいコミュニティです。
これからも面白くてなにか凄いことを経験できるかもしれないと考えるとストレングスファインダーの「着想×最上志向持ち」の私は、ワクワクがとまりません。
そんな勝間塾の今月のテーマは著者になるです、
実際に著者はハードルが高いのでブログを立ち上げてみました。
伝える力をつけるために今後も勝間塾での学びを継続していきたいと思います。
PR:ちょっとマニアック?ですがこんなサイトを作ってみました。
朝4時起きで更年期をのりきろう♪
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68761&m=175424&v=f8ec1361


---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68760&m=175424&v=1ff1b5f6
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68762&m=175424&v=0abbfe99

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68763&m=175424&v=eda6580e
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68760&m=175424&v=1ff1b5f6
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



レトルトパウチものをスチコンで温めてみました

登録日:2015/08/11
カテゴリ:メールマガジン

8月11日 火曜日

こんにちは、勝間和代です。

レトルトパウチのシチューやカレー、食べる方、多いと思います。私も、コンビニで300-400円くらいの、高級レトルトが美味なので、よく休日とか、夜とか、何も食事を作りたくないときや、すぐに食べたいときに活用しています。

で、基本的には

・器に移し替えて、600Wで2分間チンする



・湯煎で10分くらい温める

という方法が推奨されています。袋のままだと、金属なので、電子レンジにかけることができません。

で、前者の方法は手軽なのですが、レトルトから出すときに、まだ温まっていないから半固形のため、けっこう飛び散りますし、袋からしっかり出すのがたいへんです。

後者の場合は、手間隙はかかりますが、美味しく出来ます。そのかわり、お湯を沸かしたり、鍋を用意したり、いろいろ面倒です。でも、パウチから出すときには簡単です。

そこて考えたのが

「あれ、これ、スチームコンベクションオーブン(スチコン)つかえばいいんじゃないの?」

ということです。スチコンとは、電子ではなく、水蒸気でものを熱する道具。多くは業務用ですが、ヘルシオとか、もう廃番になってしまいましたが、サンヨーのスチーブンなどがあります。

私はスチーブンをいつもいろいろなことで愛用しているのですが、試しに、スチーブンで蒸し機能120度で12分ほど温めてみました。

結果は
「ばっちりーーーーー」
です。

そう、熱を加えるときに、

・電子を使うのか
・水の熱を使うのか

という差ですから、スチコンを使えばよかったわけです。

お手元にスチコンお持ちの方、レトルトのあたため、試してみてください。え、そんな人いないって?

スチコン、業務では厨房で重宝されているそうです。家庭用にも、もっともっとスチコンが普及して欲しいなぁ、と思っています。

---------------------------
TOKYO MX「バラいろダンディ」に生出演します!
---------------------------

本日21時より、TOKYO MX「バラいろダンディ」に勝間和代が出演します。

詳細は番組のホームページからどうぞ

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68712&m=175424&v=d86eb81f

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68713&m=175424&v=3f731e88
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68714&m=175424&v=e7b065ae
勝間塾のお申込みはこちらから

atthanは、書いた文章とご本人のイメージがぐっと違う女性です。どちらも素敵で、このギャップが、atthanの魅力をさらに増しているのだと思います。 ネタバレになりそうですが、リアルatthanは、おっとりとした、はにかみ屋さんです。 そして、私にとっては、やっと巡り会えた「オタク」さんです。(笑) 恥ずかしそうに、ポツポツとITのことを語るatthanに、うっとり。レベルが高すぎて、ついて行けない部分も多々あるのですが、それが、また「オタク」さんらしい感じで、喜びさえ覚えてしまいます。 ぜひ、そんなリアルatthanも、想像しながら、お読みください。(^_^)

---リレーコラム本文---
「Webデザイナー、プログラマーにおすすめ」
(コミュ名atthan 、北海道在住、41歳女性)
かつて転職回数を随分重ねて来てしまいましたが、元々プログラミングが好きだったこともあって、現在は職業訓練校でプログラミングを学んでいます。
2008年まで13年間両親の経営していた写真の店で仕事をして来ましたが、廃業後、とりあえずは派遣でもいいや、という気持ちでずっと派遣で契約繋ぎで働き続けて来て気が付いた時は38歳。
もうそろそろ職場を定着させたいな〜、と思っていたある時にTwitter で勝間さんが勝間塾の案内ツイートしているのを拝見し、勝間塾を知り、説明会の動画を観てこれは正に今の自分を変えるのにぴったりなんじゃないかな、と思い、2011年11月に入塾に踏み切りました。
私は北海道札幌市在住で、当初は入塾したものの、リアルオフ会も少なく、たまに参加しても人数がなかなか集まらず、殆ど専用コミュを眺めているだけで、1年後位に1度退会しようかな、と思ったこともありましたが、実際コミュに初めて投稿してみると、全くお会いしたこともない方ばかりなのに直ぐに温かいコメントを下さったりした時は本当に感激でした。
普通であれば41歳にもなって今更と思われるようなことも否定的にならずに背中を押すように答えて下さるので、ここのコミュの良さは他のコミュでは絶対あり得ないな〜と思いました。
最近は時間がないので専用コミュには滅多に投稿しないのですが、以後、オフ会や専用コミュを通じて友達も複数出来るようになり、更にFBでも数々のグループコミュに参加させていただくことができ、オンラインでの勝間塾での学びを通じて色々な著者に出会うことが出来ました。勝間さんの著書以外にも、フォトリーディングインストラクターの神田昌典さん、営業のカリスマの和田裕美さんの著書やオーディオブックにも出会い、本当に目からウロコの状態です。
そして、フォトリーディングの技は分からない関数名を調べたり、配列の覚え方など、プログラミングの勉強にも役立つことが沢山あります。
勝間塾のメリットは世界中の何処からでも月例会のリモート参加が出来ることと、録画がいつでも観れること、都合が合う時にいつでも気の合う方同士で集まることができることです。
北海道(特に札幌)にも起業したいと思っている方は沢山います。今後はオフィシャルメルマガを通じて北海道からも勝間塾の存在と良さをもっと知っていただき、自身の目標をしっかりと持った勝間塾、サポートメール会員が増えれば良いな〜、と思っています。
因みに勝間塾の年齢層は社会人経験の長い中高年が多く、男女比は半々位です。
年齢層は幅広い方が良いですが、特に30代後半から40代以上の方お待ちしております。

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68714&m=175424&v=e7b065ae
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68715&m=175424&v=00adc339

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68716&m=175424&v=f2fa2ec1
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68714&m=175424&v=e7b065ae
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



8/11(火) TOKYO MX「バラいろダンディ」に出演します

登録日:2015/08/10
カテゴリ:出演情報

8月11日(火)21時より、TOKYO MX「バラいろダンディ」に勝間和代が生出演します。



詳細は番組のホームページからどうぞ



http://s.mxtv.jp/barairo/



 




このエントリーをはてなブックマークに追加



空調服を真夏のゴルフで使ってみました

登録日:2015/08/10
カテゴリ:メールマガジン

8月10日 月曜日

こんにちは、勝間和代です。

空調服、なんか、大反響です。主に

「えーーー、ほんとうに使っている人、いるんだ」

とか

「着ているところ、みてみたーーーい」

という感じです。

写真はそのうち公開しますが(笑)、とりあえず、炎天下のゴルフで使ってみました。

結論から言うと

「◎」

でした。ちょっと膨らんでもこもこしますが、スイングにはまったく影響なし。で、クリスマスに膨らんだ人形あるじゃないですか、あんな感じになります(笑)。

ただ、背中にファンがついているので、さすがにみんな、すぐに気づいて、他の方にもよく

「涼しいですか?」

と聞かれます。

ファンをつけていると、涼しいと言うほどではありませんが、すくなくとも

「熱中症で倒れるーーー」

という感じではなく、ゴルフを1日続けられます。

どれくらい涼しいかというと、トイレに行ったときに脱いだら死にそうに暑かったので

「あーーー、こんなに涼しかったんだ」

と改めて自覚したくらいです。その日はコースレッスンだったのですが、確かに、3人で受けていて、最終ホールまで行ったときには私が一番元気でした。他の2人は

「ほら、私達、丸腰だから」

ということで、それなりにつらそうでした。なんせ、35度くらいありますからねーーー。

しくみとして、クーラーと違って、涼しい風ではないのですが、うっすらとかいた汗を吹き飛ばして、それで気化熱で涼しくなります。

電池はリチウムの専用のもので、一番風量を大きくして、ちょうど、ゴルフで1日もつか、もたないか、というくらいです。

ほら、昨日も書きましたが、体とこころはつながっているので、やはり体を快適にした方が、スコアも伸びるのかなぁ、なんて思っています。

暑さ対策・熱中症対策グッズ | 株式会社空調服 http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68680&m=175424&v=609fc3a6

洗濯するときに、毎回ファンをとらなければならないのがちょっとめんどうですが、とりあえず、夏のゴルフやバイクの救世主でした。

---------------------------
テレビ朝日「ぶっちゃけ寺&Qさま!!合体3時間SP」に出演します!
---------------------------

本日20時30分ごろより、テレビ朝日「ぶっちゃけ寺&Qさま!!合体3時間SP」に勝間和代が出演します。

今回のテーマは「幸せ美人妻軍団vs不屈の独身美女軍団 プレッシャーボーダーライン 問題多いねSP」です。

詳細は番組のホームページからどうぞ

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68682&m=175424&v=75d588c9

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68684&m=175424&v=4a0b5578
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68686&m=175424&v=5f411e17
勝間塾のお申込みはこちらから

「勝間塾のススメ」プロジェクトリーダーの香楽です。本日のコラムのえみこさんは「達成欲」の方です。入塾してまだ1年未満ですが、数多くのオフ会に参加したり、月例会の後のオフ会幹事をやったりと精力的に活動されてます。「勝間塾のススメ」の打上幹事も積極的に手をあげてくださいました。なんと伊勢神宮ツアーオフ会にも日帰りで来てしまうフットワークの軽さが持ち味です。勝間塾は受け身でいるよりも、主体的に活動すればするほど、得るものが大きい場です。これからのえみこさんが楽しみです。

---リレーコラム本文---
「私なりの「勝間塾のススメ」」
(コミュ名えみこ)
私自身の実体験に基づいた、「勝間塾のススメ」をお届けします!!
私は今でこそ、勝間塾のススメプロジェクトに参加し、このプロジェクトの打ち上げ幹事や、
毎月の月例会のあとの打ち上げの幹事もしておりますが、昨年の今頃は勝間塾の存在も知りませんでした。
勝間さんのことはもちろんずっと前から存じておりましたし、本も何度も買って拝読していて、その中には勝間さんが翻訳された「史上最強の人生戦略マニュアル」などのような私の人生のバイブル的な本も、含まれていました。
昨年、勝間さんが「稼ぐ力」という本を出され、その出版記念の講演会が昨年11月に東京駅そばの丸善・丸の内本店で行われました。
講演の最後のほうで、勝間塾の紹介がありました。最後に「今月の月例会のゲストは堀江貴文さんです」とのコメントが。
昨年はいろんな方の講演会に参加するようにしていました。「勝間塾の月例会に参加すれば、堀江さんのお話がきけるんだ」と思った私は、帰宅後、早速勝間塾の入塾手続きをとりました。
入塾すれば、月例会参加はもちろん、サポートメールの課題の投稿、オフ会参加もできるのですが、堀江さんの講演目的で入ったこともあり、サポートメールは流し読みするだけ。オフ会も特別な人たちがやっているもので、自分の入る余地などないだろうと思っていて、どんなオフ会が開催されているのかも調べませんでした。
昨年12月の半ば過ぎ、勝間塾内のSNSのオフ会の載っているページを何気なく見ました。
開催されているオフ会はバラエティーに富んでいました。気になったものに参加してみよう、と思い、参加申し込みをしました。
占いで「今年は変わる年」ということが強調されていたので、自分を変えるためにも、興味のあるオフ会にはなるべく参加してみることにしてみました。英語のスキルアップやゴルフを始めることは、勝間塾に入る前からやるつもりだったのですが、勝間塾の塾生によるオフ会で、これらのことも学ぶことができています。また自分自身のできることを人にシェアする、自分のアウトプットという観点から自分がオフ会を開催することもできる環境にあります。何か試しにやってみたい人にはほんとに恵まれた環境だと思います。
オフ会で特筆すべきなのが、3月の伊勢神宮参拝。もともと伊勢神宮に行きたかったから参加しただけだったのですが、ここで勝間塾のススメプロジェクトのリーダーと、原案の提案者とご一緒しました。東京近辺で塾生同士で初めて会うときも、実際に会ってお話するだけで、かなり親近感を感じるのですが、東京以外のところで、各地の塾生が集まってきた場合には、東京近辺でお会いするのよりもずっと親しみを感じます。
ほかにもオフ会でいろんな塾生の方と知り合いになる機会がありますが、私が勝間塾生の多くの方について感じているのは「初対面という感じがしない。昔から友達だったみたい」ということ。実際に会うのは初めてなんだけど、前から知っているような感覚で話せて、お互いの話をきいていても共感できるところがたくさんあるし。いい意味で安心感をもって話をできるのが勝間塾生かな、と思います。
また、月例会後オフ・ゴルフ・麻雀・カラオケのほか、「大人の遠足」という日帰り旅行も企画され、塾生はもちろん、勝間さんとも直接お話できる機会が多くあります。
私にとっての勝間塾のススメ。それは、昔からの友人・同志のような人たちにたくさんお会いできること。勝間さんからは月例会やサポートメールにより、いろいろと教えていただけるのはもちろん、ゴルフなどでもご一緒させていただく機会がたびたびあります。当初の堀江貴文さんの講演をきく、という目的はとっくに達成しているのにもかかわらず、塾生で居続けているのは、勝間塾でだからこそ会えるたくさんの人たちとのつながりが私にとって、とても大切なものだからです。
これからもこのつながりからいろいろと学びながら、なりたい自分になっていくのが私の目標です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。いつか一緒に勝間塾で学べることを楽しみにしております。

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68686&m=175424&v=5f411e17
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68688&m=175424&v=35b6ee1a

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68690&m=175424&v=0e13d8e7
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68686&m=175424&v=5f411e17
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



8/10(月) テレビ朝日「ぶっちゃけ寺&Qさま!!合体3時間SP」に出演します

登録日:2015/08/09
カテゴリ:出演情報

8月10日月曜日20時30分ごろより、テレビ朝日「ぶっちゃけ寺&Qさま!!合体3時間SP」に勝間和代が出演します。



今回のテーマは「幸せ美人妻軍団vs不屈の独身美女軍団 プレッシャーボーダーライン 問題多いねSP」です。



詳細は番組のホームページからどうぞ



http://www.tv-asahi.co.jp/qsama/



 




このエントリーをはてなブックマークに追加



勝間塾で行われているイベントは、なんと、1日平均3−4個!!

登録日:2015/08/09
カテゴリ:メールマガジン

8月9日 日曜日

こんにちは、勝間和代です。

先日、堀江貴文さんとランチをしていて、ちょうど勝間塾の話になって(堀江さんには、なんどか勝間塾に講師としていらしていただいています)、堀江サロンでもオフ会やイベントが多いけれども、勝間塾はどれくらいやっているの?と聞かれました。

で、これまで自分で意識的に数えたことがなくて、

「うーーーん、週に数回くらいだと思いますよ」

とてきとーに答えて、で、念のため、勝間塾のコミュニティのイベント欄を見たら、

塾生のみなさん、ご、ごめんなさい。週に数回ではなく

「『1日』に数回!!」

でした。週でしたら、20−30件くらい。

内容としては、私が参加する勝間塾ゴルフコンペやツーリング、大人の遠足の他に、

・フォトリー再受講
・ヨガ
・将棋
・課題図書勉強会
・SNS勉強会
・投資勉強会
・将棋ツアー
・ランニング会
・親子夏合宿

などが目白押しでした!!

そういえば、勝間塾でやたらと結婚が多いのも、だいたい、こういったイベントで仲良くなって、そのままゴールインしちゃうだよなぁ、と思い出しました。

私も、来週は茂原まで、バイク組で1泊2日のツーリング旅行、いってきまーーーす。この前カナダに行ったばかりですが、9月は三重、10月はセブ、そして11月も福井への遠足があります(笑)。私は動くのが好きなので、遠足に参加していますが、もちろん、遠足でないイベントもたくさんあります。

学習は座学ではなくアクションで、ということをいつも強調していますが、コミュでもそういったことが実現できていて、とてもうれしいです。

こういったことだけは、主催してくれる塾生の方がいて、そして、そこに参加してくれる塾生の方がいて、という好循環がないと成立しないので、みなさんのやる気とコミュニティにほんとうに感謝です。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68644&m=175424&v=e9c8e8b7
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68645&m=175424&v=0ed54e20
勝間塾のお申込みはこちらから

勝間塾には多種多様な才能を持つ方が大勢いらっしゃいます。デザイナー、写真家、著者、プログラマーなどなど。本日のコラムに登場するゆっぴぃさんは書道の才能をお持ちの塾生です。勝間塾のススメでは表紙の題字を書いていただきました。しかし、そこには様々な試行錯誤があったようです。さて続きはコラムで

---リレーコラム本文---
「題名の筆字を書きました」
(ゆっぴぃ 20代 女性)
こんにちは。『勝間塾のススメ』の題字を書く!!という大仕事を担当したゆっぴぃです。
最初に言ってしまいますが、この本は【100円ぽっきりなんだから迷わず即買っておいて「なんか面白いことないかな〜」とか「人生に疲れたわ〜」と思ったときに、適当なページから読んでみる】というのにピッタリな本です(^^)
どこから読んでも面白いからです。
さてこの「勝間塾のススメ」という題字を書いたときのことを少しお話しします。
どんな書きぶりにするか色々と迷い、とにかくいろんな雰囲気でたくさん書きました。50枚以上書いたでしょうか。
読めないのもよくないし、かっちり綺麗に書きすぎると、「こういうのだったらむしろ活字でいいんじゃない?わたしが書く意味ある?」って思えてきたりもしました。
また「やっぱり表紙になるからには、勝間塾のイメージを崩してはいけないなぁ」と思って、 ーーと言ってもその「勝間塾のイメージ」なんてわたしの主観でしかないのですがーー よりよいものになるように、一生懸命書きました。
縦書き、横書き、ナナメ書き??書体は可読性を重視すると楷書か、行書か、隷書かな。連綿(2文字以上がつながっているところ)があると女々しいかな?カタカナとも調和するように…。太く書いたり、細く書いたり。
そうして最終的に仕上げた2枚。真面目な行書か、ちょっと遊び心のある楷書か。
どちらもわたしは気に入ったので、デザイナーのおかつさんに2枚とも表紙デザインを施してもらい、プロジェクトメンバーの皆さんに人気投票してもらいました。
そうして決まったのが今の表紙なのです。
この題字に込めたのは、【芯があり、前向きなイメージ】100。
学びも遊びも真剣に、そしてお互いを認め合える懐の深い勝間塾生の印象を書に込めました。
どうか皆さまに勝間塾の雰囲気が伝わりますように。
どうしてわたしのような20代OLが題字を書くなんていうことになるの??
そんな背景を知れる話もこの『勝間塾のススメ』の中に入っているんです。
「塾生インタビュー3 起業した塾生」という章に対談が載っています。
あ、その時に精いっぱいのオシャレをして撮ってもらった写真がドドーーーンと載っていますので、まず開いたらそれだけでも見にきてくだされば。
こんなおめかし滅多に見られませんわよ( ´ ▽ ` )ノ

がんばるあなたを応援する!「ファンサンエブリー」公式サイト
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68646&m=175424&v=fc82a3d8
・わたしのライフワークのポートフォリオサイト
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68647&m=175424&v=1b9f054f



---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68645&m=175424&v=0ed54e20
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68648&m=175424&v=967553d5

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68649&m=175424&v=7168f542
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68645&m=175424&v=0ed54e20
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



心と体のつながり

登録日:2015/08/08
カテゴリ:メールマガジン

8月8日 土曜日

こんにちは、勝間和代です。

近年、「体と心」の関係について、書いている本を読むことが多くなりました。最近ですと、先月発売になり、いまサポートメールのブックレビューで題材にしている

「首から下で考えなさい」シアン・バイロック著
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68616&m=175424&v=f34fd3dc

とか、リチャード・ワイズマンの

「その科学があなたを変える」
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68617&m=175424&v=1452754b


などです。要は、心と体は私達が思ったよりも密接であり、というか、密接どころか、脳ではほとんど区別がついていないため、

楽しいから笑う、

ではなく

笑うから楽しい、

という方が正解だ、ということです。人の感情を理解できるのは、人の表情を知らず知らずにまねて、自分の経験則から、その表情をとったときに、どういう気持ちだったかと言うことを思い出して、それを考えるからです。

身体運動学とか、いろいろな分野が発達してきていますが、ここ数年来、ずっと考えていることで、しばらく

「マイテーマ」

として考えていきたいと思います。

私がメールを毎日書けるのも、親指シフトのおかげだし、親指シフトで指を動かすことが考えていることだと感じていまして、いろいろ続けていきたいなぁ、と思っています。

---------------------------
勝間塾生のリレーコラムをお届けします!
---------------------------

(2015年7月19日 勝間和代オフィシャルメールマガジンより)
勝間塾って何で、どういうことをやっているところなの、とよく聞かれるのですが、このたび、塾生の有志が集まって、勝間塾の本を出版してくれました。
Amazon.co.jp: 勝間塾のススメ eBook: 「勝間塾のススメ」出版プロジェクト実行委員会
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68618&m=175424&v=99b823d1
これを読むと、どんな内容で、どんな人たちがいて、どういう活動が行われているのか、すぐにわかるようになっています。
100円で気軽に買えますので、よかったら、ぜひ見てみてください。Kindleは専用端末がなくても、スマホやタブレット、PCなどでアプリで読むことができます。
(以上転記)

このプロジェクトに関わった塾生のコラム「ススメ編」をお届けします。
『勝間塾のススメ』を読んで、コラムを読む。コラムを読んで『ススメ』を読む。順番はどちらでも問題ありません(笑)

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68619&m=175424&v=7ea58546
勝間塾のお申込みはこちらから

今日のコラムは、『勝間塾のススメ』プロジェクトリーダー香楽(かぐら)さんです。
生まれ育った神楽坂をこよなく愛し、勝間コミュニティでもまち案内のイベントを随時開催して好評を博しています。
勉強だけでなく、遠足したり、まち案内があったり、本を作ったり。勝間塾は学びのポータルサイトですね。「リーダーになる」というのも、一つの学びなのかもしれません。

---リレーコラム本文---
『初めからリーダーの人はいない』
(香楽、40代、埼玉県)
「勝間塾のススメ」プロジェクトリーダーの香楽(かぐら)です。
こうやって名乗るのも実は最初、ちょっと抵抗がありました。(1年経って、さすがに慣れましたが・・)
私はずっと、自分はリーダータイプではなく、リーダーの右腕としてサポートする方で、力を発揮するタイプだと思ってたんです。
元々大勢の人前で話すのも苦手で、団体行動も苦手。職場で飲み会の幹事すら挨拶が嫌なので、断ってました。
仕事でもプロジェクトリーダーは、むしろ避けてました。なので、私をよく知っている元職場の人に、プロジェクトリーダーとして本を作ってるという話をすると、ビックリされたりもしました。
それがなぜ、リーダーをやる事になったんでしょう?しかも仕事でも、強制されてるわけでもないのに。。
この辺の経緯は、ぜひ本を購入して(笑)前書きを読んで頂ければと思いますが、一言で言うと「運命を感じてしまったから」。
こうやって実際に本ができ上がって、この1年を振り返ってみると、私のその時の直感は正しかったと思います。
104名の仲間(+取材協力頂いた方など含めると本当に多くの方)と一冊の本を作り上げる、という過程を通して、仕事では得られないような貴重な経験がたくさんできて、時には大変な事もありつつも楽しい事がたくさんあって、たくさん学べて、自分の成長に必要な機会だったんだと思います。
入塾3ヶ月の新人にも関わらず、プロジェクトを通してたくさんの塾生に会えました。
この1年で約150人の塾生と会って友達になりました。オンラインだけのつながりも含めると約200名。これってすごい事ですよね!?
名古屋、大阪、福岡、岡山、広島、三重、長野と全国行脚して、全国のオフ会幹事さん達や塾生に会えたり、地元の観光名所や美味しいお店に連れて行ってもらったりしたのも、「ススメの取材」という口実があればこそ。
でも結局遊びに行っただけで、私のこの体験は本のどこにも使われてないというオチつきなのですが(笑)
やりたい事をやるためには、時には人前に出なければならない場面も出てきます。
いまだに苦手意識はありますが、必要と迫られれば、逃げないだけの根性は据わってきました。
「初めから親である人はいない。子供を育てる中で親になるのだ」とよく言われますが、リーダーに関しても、生まれながらのカリスマリーダー体質の一部の人を除いて、同じ事が言えるんだと思います。
周りからリーダーとして頼られたり、リーダーシップを発揮しなければならない場面に遭遇する中で、リーダーとしての自覚が芽生え、何とかそれらしくなってきた気がします。
リーダーシップについて悩んだ時期もありましたし、私に本当にリーダーシップがあるのかどうかはいまだに疑問ですが、いまはもうそんな事はどうでもいいと思ってます。
本が予定通り、無事にリリースできたこと。
そしてメンバー達に、「すごく楽しかった」「プロジェクトを通して他の塾生とつながる事ができた」「貴重な経験ができた」と言ってもらえたこと。
この2点でプロジェクトは成功だったと言えますし、もうそれだけで満足です。
最後になりましたが、104名のプロジェクトメンバー、全国オフ会幹事さん達、取材協力頂いた方々、アンケート回答やその他ご協力頂いた方々、応援・購入してくださった方々、塾長、上念さん、事務局の方々・・「勝間塾のススメ」に関わったすべての皆様に感謝です。本当にありがとうございました!!
メルマガ読者の皆様、
「勝間塾のススメ」は104名の塾生+α が全員が完全ボランティアで、皆の力を結集して作り上げた本です。
勝間塾がどういう場所かよくわかる一冊になってます。覗いてみたい、という希有な方はぜひご購入ください(*^^*)

---ここまで---

いかがでしたでしょうか。

勝間塾では、勝間和代が講師を務め専門家などもお招きする月例会や毎月の課題などを通して、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持をサポート。
男女比は半々でオフ会や合宿も盛んですので、一緒に学びたい仲間に出会うことができます

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68619&m=175424&v=7ea58546
勝間塾のお申込みはこちらから

-----

勝間塾にようこそ。勝間塾はオンライン・オフラインの交流活動が中心の勉強会です。こちらに塾生有志で作りました、力作の「ナビ」があり ますので、ぜひ、ダウンロードの上、ご一読ください。あなたの毎日の学びが格段に楽しくなること、塾生一同保証します!!
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68620&m=175424&v=7f0523ae

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68621&m=175424&v=98188539
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68619&m=175424&v=7ea58546
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



とりあえず、空調服をためすことにしました。夏の二輪対策

登録日:2015/08/07
カテゴリ:メールマガジン

8月7日 金曜日

こんにちは、勝間和代です。

冬はヒーターのベストと手袋でなんとか二輪を使っていますが、夏はつらいです。

で、空調服を買いました。ヒーターのアダプターを変換すれば、おそらく、そのまま空調服の電源にもなると思います。いまのところは電池で使っています。

空調服とは、こんな感じのものです。

暑さ対策・熱中症対策グッズ | 株式会社空調服 http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68576&m=175424&v=4dc8893c

要は、服に小さな扇風機がついていて、服の中に風をずっと通してくれるもの。

で、これ、家でも冷房がいらないか、すごく小さくて良くなるので、けっこう楽しいです。

単3の電池だと、ちょっとファンが弱いのですが、専用のリチウムにして、一番強い風にすると、けっこう涼しいです。ただ、ファンもうるさいのですが(笑)。

これで、冬、雨と対策を立ててきたので、夏ができれば、1年中完璧です!!!!

---------------------------
今週はサポメ試し読みキャンペーン中です!
---------------------------

今週は、この無料メールマガジンを読んでいる皆さんにこれまでに配信したサポートメールをお届けします。

サポートメールは勝間和代からのアツいメッセージを毎朝あなたのPCと携帯に届けるシステムです。
毎朝このメールを読んでから会社に行く人の気持ちを体験してみてください。
そして、自分の人生に対するモチベーション変化を是非実感してください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68577&m=175424&v=aad52fab
サポートメール1か月無料体験のお申込みはこちらから

---サポメ本文---

ラテラル思考入門 〜 最終日 問題解決思考があれば、ラテラルでもロジカルでもいい
6月22日 日曜日

今週1週間、ラテラル思考を取り扱ってきましたが、ある意味、ラテラルとロジカルは双子の兄弟みたいなもので、別に、人によってはロジカルなものがラテラルだったり、別だったりします。

いずれにしても、「問題解決のための手法」を考えるという点では同じ事です。それを分解するのか、拡散的に考えるのか、という違いだけです。

今回の「首相として、税収を増やす方法」を考えましょうという題ですが、私が真っ先に思いついて、かつ、実際に活動してきたのが

「名目GDPを増やすために、デフレを止める」

ということでした。なぜなら、税収が一番伸びるのは「名目GDPが増えているとき」なのです。消費税、法人税、所得税、全部「付加価値税」ですから、付加価値、すなわち、GDPが伸びないと、どーーーーしようもないからです。

ここでのポイントは、実質GDPが伸びても、名目GDPが伸びなければ、まったく税収が増えないと言うことで、なので、どんな手立てをしてもいいから、とにかく、

「デフレを止める」

というのが首相として、一番先にしなければならないことだと思います。そのためには、日銀の人事組み替え、日銀法の改正、政府紙幣の発行、いくらでもできることが実はありました。しかし、実際に行ったのは安倍首相が初めてだったわけです。

次です。税率を上げる前に「徴税漏れを減らす」事が必要です。そのためには、さくさくと納税者番号を入れて、脱税が難しくしてしまえばいい。また、コミュにも結構ありましたが、税金がかかっていないアングラ系のビジネスについて、どんどん課税をする仕組みをつくることです。

さらに、パチンコなど、本来もっと課税ができる職種も狙い撃ちしましょう。パチンコがはやっているのは、他の公営ギャンブルに比べて魅力が高いからです。ある意味、私営ギャンブルです。そういう風に考えると、もっともっと、公的サービスで私企業に任せた方が活性化するものは、どんどん任せてそこから税収も増やしましょう。

民営化の例としては、JRやNTT、道路公団などが有名ですが、保育園などももっともっと民間に任せた方が、待機児童問題は解決できると思います。

さらに待機児童の問題で言うと、女性にもっと働いてもらって、そこから得られる付加価値から税収を上げる、というのも必須です。女性の参画率が低い国は、おしなべて低成長で、税収不足になっています。

なぜ女性の参画が進まないかというと、さまざまな理由がありますが、そのうち最大のものが「多様性に対する許容度の欠如」や「時間あたり生産性の低さ」にありまして、この部分を解決するためには

「安価で優良な教育」

を増やすしかありません。そのためには、バカみたいに高い国公立大学の授業料の低廉化と、あと、役に立っていない大学や大学教授のリストラが必要です。

では、これらの「解」がわかっているのに、なぜ実現されないかというと、やはり、「選挙制度」が問題なのです。特に、小選挙区制になってから、地元への権利誘導が重視されるようになり、上記のような痛みを伴ったり、全国的な協力が必要な政策は成り立ちにくくなりました。

つまり、変な言い方ですが

「国家の生産性や、その結果としての税収を増やすように行動する政治家が評価されない」

しくみになっているのです。

なので、通るかどうかわかりませんが、

「政治家の人事評価について、選挙以外にも、どのように国に貢献したのかをわかりやすく首相が採点して、それをメディアを通じて思い切り公開する」

などの仕組みを作ってしまうのはどうでしょうか?

もちろん、メディアや第三者が採点するところはありますが、さらにそれを

「首相自ら行ってしまう」

のです。

まぁ、ある意味、小泉さんがやっていたことは実質、これに近かったわけですし、そこまで持って行くことができれば、首相として勝ちではないでしょうか。

こうやって考えていくと、結局、ラテラルも、ロジカルも、

why5回

みたいな形で、なぜ今そういうことが起きているのか、そのときにどのボタンを押せば、現在の望ましくない均衡状態に影響を与えられるのか、ということを考えていけば、ヒントがつかめるようになることでしょう。

ロジカルにこれを分析したときには

一人あたりの付加価値×税率×人口

みたいな分解で、それぞれ対策を立ててしまいそうになりますが(移民とか)、ラテラルに考えると、

「首相が鍵を握る人事評価制度を作れ」

ということになります。そして、これを突き詰めると、いま、首相は互選だからこれはとても難しく、だから大統領制度、ということになってきたりしてしまいます。もちろん、大統領制度がうまくいっているかどうかは別ですが、なぜ大統領制度を採用している国があるのか、ということが理解できるわけです。

いずれにしても、縦にも、横にも、広げて考えることで問題解決のヒントがつかめると思います。

ラテラルの習慣、ぜひ、持ってみてください。

最終日の課題は
「この1週間で、これまでできなかったことで、できるようになったラテラル関係の思考法を教えてください」
です。

1週間、お疲れ様でした。

---ここまで---

いかがでしたか?
サポートメールでは一週間ごと(月曜日〜日曜日)に1つのテーマで毎朝6時にメッセージをお届けしています。
また、サポートメールにお申込みいただくと、会員専用の勝間コミュニティをご利用いただけます。
勝間コミュニティでは、コメントの投稿機能、スケジューラー機能やイベント作成機能を実装し、みなさんでそれぞれの目標を達成できるようなシステムとなっております。

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68577&m=175424&v=aad52fab
サポートメールお申込みはこちらから
(1か月無料体験もございます)

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68577&m=175424&v=aad52fab
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68578&m=175424&v=273f7931
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



リーグ戦で誤ロンした私・・・

登録日:2015/08/06
カテゴリ:メールマガジン

8月6日 木曜日

こんにちは、勝間和代です。

麻雀のリーグ戦、女流だけではなく、全体のものも始まりました。

第1節は2−3−1−2位と麻雀自体の成績はまあまあだったのですが、何がいけないかというと

「4回目に誤ロンしてしまった」

のです。うっかり、あたり牌を見逃してしまい、疲れから焦って、今度は違う牌で

ロン

といってしまいました・・・。

麻雀の鉄人の時に間違えたのもマンズだし、今回もマンズだし、なんか、マンズの特訓が必要なようです。

要は、疲れてくると、判断が間違える、ということだと思います。いわゆる、意思力を使い切ってしまっているんですね。

幸い、トータルではマイナスにならなかったのですが、これだけで、

「4万点分」

のペナルティがあります。なので、ラスを1回とったのとほぼ同じくらい。

しくしく、しくしく、しくしくなのですが、原因はやはり

「打ち慣れていなくて、だんだんと疲れてしまうこと」

なので、こればかりは、麻雀の体力をつけるしかありません。他のプロは雀荘で働いていたり、毎日麻雀打っている人が多いので。

がんばりまーーーーす。

---------------------------
今週はサポメ試し読みキャンペーン中です!
---------------------------

今週は、この無料メールマガジンを読んでいる皆さんにこれまでに配信したサポートメールをお届けします。

サポートメールは勝間和代からのアツいメッセージを毎朝あなたのPCと携帯に届けるシステムです。
毎朝このメールを読んでから会社に行く人の気持ちを体験してみてください。
そして、自分の人生に対するモチベーション変化を是非実感してください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68555&m=175424&v=62875246
サポートメール1か月無料体験のお申込みはこちらから

---サポメ本文---
ラテラル思考入門 〜 その6 シンプルに考える
6月21日 土曜日

駅弁に引き続いて、あずきスイーツです。ボトルネックを探す、それを解決する方法をオズボーンのチェックリストなどを用いて考える、というところまで、けっこうみなさん、すぐに着手するようになってきましたね。

あずきスイーツで総仕上げにしましょう。まず、小豆そのものの生産量の推移をみてみましょう。

雑豆をめぐる事情について
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68556&m=175424&v=90d0bfbe

こちらをみると、国内の小豆生産量が減っているということがわかります。また、餡そのものも輸入してしまうことが増えてきたようです。

では、家庭全体であんこの消費は増えているのでしょうか? 困ったときの家計調査です。

統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68557&m=175424&v=77cd1929

こちらのページから、菓子類をダウンロードして、ようかん、まんじゅうと和菓子の推移をみてみましょう。

菓子全体は微減、ようかんとまんじゅうは減少、他の和菓子は横ばい、チョコレートは増えていると言うことがわかります。

特にびっくりするくらい、世帯別をみると、40代以下が和菓子を食べていないことがわかります。代わりに食べているのが、ケーキ、アイス、チョコレートです。

よし、ここまででターゲットが決まりました。

−スイーツ需要は不変
−ただ、ケーキ・アイス・チョコレートとの競合にあんこが負けている

ということなのです。

せっかくここまで自力で考えたのですが、「若者 和菓子」で検索したら、ほほ同じ結論に達しているスライドにいきあたってしまいました(笑)。

若者はなぜ和菓子を食べないのか http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68558&m=175424&v=fa274fb3

まぁ、このへんがインターネットのいいところですが、それでも、やはり思考のプロセスを自分でたどるのは重要です。

いずれにしても、

「若者が、日常的にケーキ・アイス・チョコレートを食べるシーンが和菓子に変わること」

をボトルネック解消の柱にしたいと思います。

さらに、そこで「小豆スイーツ」の登場ですが、私が一番売りにしたいと思ったのが

「あんこは同じ甘みの満足度を得たときに、チョコレートより太りにくい」

という点です。脂肪分が少なく、食物繊維が豊富なので、同じだけの甘みを得たときにも、カロリーが少なく、糖質の吸収も妨げられます。

私これ、ほぼ毎日まんじゅう系を食べるようになって実感しました(笑)。極端な話、毎日数個ずつ食べても、ほとんど体重が増えません。

そこで1つ、参考になるのが、昨日事例を挙げた

「あんこギッフェリ」

です。私、この存在、ローソンで見かけてからもしばらくなめていました。だいたい、そばにあるチョコレート系の菓子を買ってしまって、あんこギッフェリをあえて選択することはなく、

「なぜ、こんなに売れているんだろう」

と不思議に思っていたくらいです。しかし、

−あんこは太りにくい

という知識を得てからは、積極的に選択するようになりました。なんといっても、おいしいし、それで太らないなら、オッケーですよね?

シンプルに考えると言うことなのですが、あんこギッフェリがやっていることは、すなわち、

「これまでチョコレートのフィリングをあんこにしてしまった」

ということだと思います。あんこは見かけが黒いから外国人が食べないという話をしましたが、チョコレートだって真っ黒です。要は、食習慣の問題です。したがって、新しいスイーツ、そんなに気合いをいれて開発する必要はなくて、私だったら

「チョコレート、クリームのかわりにあんこを使ったスイーツ」

を大大募集します。ほら、たい焼きや今川焼きの中身がチョコやクリームになっていますよね? あの逆バージョンです。

「太らない、健康にいい、おいしい」
ということを全面押しするのです。

−あんこクロワッサン
−あんこマフィン
−あんこクッキー
−あんこドーナツ

もう、バリエーションは無限に出てきます。

そして、業界もチョコレートやクリームの代わりに使える便利な製品をどんどん増やすわけです。あの大袋のあんこや、缶入りのあんこは使いにくいですが、小豆からあんこをつくるほどは技術も時間もありません。

コンビニでも、和菓子売場は狭いのと、あと、小袋が少なすぎるので、もっと小さなどら焼きとか、小さなまんじゅうを増やします。チョコレートだったら小さいものがありますから。

人工甘味料を使っても、まずくなってしまうので、売れません!! 堂々と砂糖を使いましょう。

チョコレートとクリームに押された需要をいま、押し返すのです。それだけの力が「小豆」「あんこ」にはありますから!!

シンプルに、レバレッジが一番効きそうなポイントをラテラルでは探していくことをお勧めします。

6日目の課題は
「あなたの小豆スイーツは、どのポイントを攻略するための提案でしたか? ラテラルのアイでは拡散的である必要はありますが、ランダムではなく、重要ポイントを攻略するためのものである必要がありますが、そこが抑えられていましたか?」
です。

さて、最終日の課題にいきましょう。
「あなたは内閣総理大臣です。このままで行くと、日本の税収は足りなくて、現状の福祉や公共サービスが維持出来ません。何とか今の福祉や年金を維持したいと思ったら税収を増やす必要がありますが、どうやって税収を増やせばいいでしょうか? いろいろなアイデアを出してみてください。ボトルネックをターゲットに、シンプルに考えてみましょう」
です。

ちょうど、コミュで「こち亀」の両さんはラテラル思考の鬼だという話を書きましたが、ラテラルのことを学ぶには、こち亀を教本にするのもいいかもしれませんね!!

最新刊で「通勤電車に、食堂車の代わりに、一番後ろの車両を弁当持ち込み可の食事車両にする」はすごくいいアイデアだなぁ、と思ってしまいました(笑)。



---ここまで---

いかがでしたか?
サポートメールでは一週間ごと(月曜日〜日曜日)に1つのテーマで毎朝6時にメッセージをお届けしています。
また、サポートメールにお申込みいただくと、会員専用の勝間コミュニティをご利用いただけます。
勝間コミュニティでは、コメントの投稿機能、スケジューラー機能やイベント作成機能を実装し、みなさんでそれぞれの目標を達成できるようなシステムとなっております。

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68555&m=175424&v=62875246
サポートメールお申込みはこちらから
(1か月無料体験もございます)

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68555&m=175424&v=62875246
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68559&m=175424&v=1d3ae924
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



あまりにもバイクの屋根が調子いいので、もう一台のバイクにもつけてみました

登録日:2015/08/05
カテゴリ:メールマガジン

8月5日 水曜日

こんにちは、勝間和代です。

125ccのバイクに屋根をつけたら、劇的にバイクの使用頻度が上がったので、調子に乗って、もう一台の250cc(グラストラッカー)にもつけてみました。

こちらは、ツーリングが中心なので、屋根もスリムめで完全に雨は防げなくてもいいけれども、風は軽減する様に設計してもらいました。

あと、グロムの方でけっこう閉塞感があったので、とにかく

・視界に何もじゃまなものがはいらない
・なるべく透明

というコンセプトで設計してもらって、無事、期待通りのものができました。

さっそく高速道路を走ってみたら、ほんと、快適です。横からの風は普通に通るし、あと、みなさんが心配するほど重くないので(屋根全体で5キロくらい)、重心はほとんど変わりません。横風も通り抜けるし、前からの風は流線型なので、ほとんど運転には影響ないです。

これで、バイクでも長距離走れそうなので、9月に北海道、11月に福井に行こうと計画しています。どちらも、勝間塾のツアー。

そういえば、勝間塾に入った方で、

「Yahoo!のバイクで私が負傷したニュースがきっかけだった」

というひとがけっこういました(苦笑)。

あーーーー、この人、バイクのるんだーーーー

ということだったみたいです。

そして、一部の塾生がゴルフを始めた様に、バイクも徐々にリターンライダーや新規ライダーが出ております。

趣味を楽しめる仲間が沢山いるのはいいことですね。

---------------------------
本日の出演情報
---------------------------

本日 17時55分より、BSスカパー!「NEWSザップ」に勝間和代が生出演します。

詳細は番組のホームページからどうぞ

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68520&m=175424&v=7ddb2489

---------------------------
今週はサポメ試し読みキャンペーン中です!
---------------------------

今週は、この無料メールマガジンを読んでいる皆さんにこれまでに配信したサポートメールをお届けします。

サポートメールは勝間和代からのアツいメッセージを毎朝あなたのPCと携帯に届けるシステムです。
毎朝このメールを読んでから会社に行く人の気持ちを体験してみてください。
そして、自分の人生に対するモチベーション変化を是非実感してください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68521&m=175424&v=9ac6821e
サポートメール1か月無料体験のお申込みはこちらから

---サポメ本文---
ラテラル思考入門 〜 その5 技術革新を積極的に生かす
6月20日 金曜日

昨日のテーマ「美味しい駅弁」ですが、そろそろみなさん、ボトルネックを考える習慣が付いてきた、とてもうれしく思います。

駅弁のボトルネックは

−高い
−値段の割にまずい
−冷めていて美味しくない
−味が濃い

でした。

私は、その裏側にあるのは、

「私が生まれた頃に比較しても、まったく流通やマージンなどの構造が変わっていないこと」

があると感じました。多品種少量生産、高い鉄道会社のマージンや人件費、在庫が残る構造、そして、なんと言っても、リピーターが少ないので、あまり正確に売れ筋がわかっておらず、信賞必罰が効かないことが真の原因であると考えます。

検索をしたら、こんなニュースにあたりました。

「高松駅弁:解散へ 鉄道高速化やコンビニ進出が痛手に:毎日新聞」

やはり、抜本的にはコンビニとの競争に負けていること、常温で1日保たせるという制約条件がボトルネックになっていることがわかります。

ラテラルにものを考えるときには、何かこれまでできなかった子とが出来るようになるといいのですが、その裏には

「技術革新」

があります。例えば、ワインのボトルの栓。最近はコルクではなく、スクリューキャップが増えてきました。それは、コルクでなくても品質が保てるし、熟成も出来るようになったからです。

コンビニが商品開発をしている現場を何回か見たことがありますが、とんでもない技術とお金の集大成です。チャーハンなど、本当に機械が名人芸を解析したセンサー通りに、中華鍋を「ふって」いるんです。だから、全国で名人のチャーハンが安価に食べられるようになっています。

つまり、現状の作り方、現状の値段帯では、もう、駅弁はかなわないのです。一部のブランド力ある駅弁は生き残っていくでしょうが、こういったものはデパートのような駅以外の駅弁需要を取り込んでいるからであって、駅弁だけで生き残っているわけではありません。

では、私たちが駅弁を考えるしたら、どうすればいいでしょうか?

まず、コンビニになくて、駅弁にあることは何かというと

「利便性」「車内販売」

ですね。すなわち、ロケーションが有利なわけです。例えば、私がJRだったら、車内販売のワゴンで「温かい」食事を出せるようにします。アイスクリームができるのですから、温かい方も出来るでしょう。

あるいは、これまでの駅弁についても、徹底的に事後にアンケートを取って、まずい駅弁はどんどん駅の中の店頭からなくしていって、新しい駅弁を募集します。これこそ、コンビニが取っている手法です。今の駅弁の問題点は、顧客フィードバックがとれなさすぎです。なぜなら、品数が少ない中で無理やり買うし、まずくても文句を言わず、次回から駅弁そのものを買わなくなるだけだからです。

すなわち、駅弁の前提である「1日日持ちがする味の濃さ」というのをまずは崩すこと、そして、顧客の最大の不満である

「冷えていてまずい」

についてどう解決するかを考えること、さらに、既存の有名業者だけではなく、いろいろなひとがチャレンジして入れるように市場を拡げること、そのようなさまざまな工夫が必要でしょう。

ある意味、私は鉄道会社のイノベーション不足だと思っています。駅ビルがあれだけよくなってきたのですから、今、鉄道の魅力が飛行機や車から相対的に下がっているのですから、だからこそ、駅弁にもラテラルをいれるべきだと思うのです。

ちなみに、昨日コミュで「グリーン車ユーザー向けの高額弁当」というアイデアがありましたが、私はこれ、あまりポジティブでないです(笑)。ANAのプレミアムクラスのシートのお弁当や、JRのグランクラスのお弁当でも、正直、私はおいしくないと思っています。高額を定期的に出すユーザーというのは、とてつもなくわがままですから、よほどのものでないと売れませんし、それを3000円とかで作るのは至難の業です。

また、意見で多かった

−ゴミが出る
−食べにくい

なども、多いに改良の余地があると思います。売れ筋の1つ

「カツサンド」

は値段もまぁまぁだし、食べやすいので、定番商品なのだと思います。しかし、カツサンドばかり食べるわけにもいきませんよねーーー。

なので、一番イノベーションが必要なのは

「鉄道会社のトップマネジメントや担当者」

ではないかと思います(笑)。駅弁で、鉄道の魅力大回復、です!!

なお、比較は高速のSAたちです。民営化で、無茶苦茶おいしくなりましたよね? あんなイメージです。

というわけで、5日目の課題は

「あなたの駅弁ラテラル思考は、やはりどうしても、既存の枠に囚われていませんでしたか? ちょっとした改良・改善ではなく、大きなジャンプができていましたか? もう一度、自己採点してみてください」

です。

というわけで、しつこく、しつこく、次の課題です。

「小豆を使った、売れるスイーツを作ってください」

です。最近、個人的にはこちらがツボでした。

商品一覧 | ナチュラルローソン
あんこギッフェリ
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68522&m=175424&v=68916fe6

人気ナンバーワンだそうですよ、ナチュラルローソンのパンで。クロワッサンにいれるという発想がすごい!!

たくさんのアイデア、お待ちしています。とにかく、枠をジャーーーーーンプ。


---ここまで---

いかがでしたか?
サポートメールでは一週間ごと(月曜日〜日曜日)に1つのテーマで毎朝6時にメッセージをお届けしています。
また、サポートメールにお申込みいただくと、会員専用の勝間コミュニティをご利用いただけます。
勝間コミュニティでは、コメントの投稿機能、スケジューラー機能やイベント作成機能を実装し、みなさんでそれぞれの目標を達成できるようなシステムとなっております。

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68521&m=175424&v=9ac6821e
サポートメールお申込みはこちらから
(1か月無料体験もございます)

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68521&m=175424&v=9ac6821e
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68523&m=175424&v=8f8cc971
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



電子書籍になると、簡単にカラー版が配布できる

登録日:2015/08/04
カテゴリ:メールマガジン

8月4日 火曜日

こんにちは、勝間和代です。

電子書籍で、これまでそれほど

「おーーーー、これは紙ではできない」

と感動したことはあまりないのですが、唯一あるのが

「人気漫画のフルカラー電子書籍」

です。フルカラーで印刷したらとてつもない金額になりますが、電子書籍ですら、白黒の値段にプラス100円で買えます。

ワンピース、バクマンなど、人気漫画しかまだありませんが、臨場感が増すので、ぐいぐいと引き込まれて、つい、大人買いして夜中まで読みふけってしまいます(笑)。

マンガ好きの方、よかったら、お試しください。

---------------------------
本日の出演情報
---------------------------

本日 17時55分より、BSスカパー!「NEWSザップ」に勝間和代が生出演します。

詳細は番組のホームページからどうぞ

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68478&m=174309&v=a5a08007

---------------------------
今週はサポメ試し読みキャンペーン中です!
---------------------------

今週は、この無料メールマガジンを読んでいる皆さんにこれまでに配信したサポートメールをお届けします。

サポートメールは勝間和代からのアツいメッセージを毎朝あなたのPCと携帯に届けるシステムです。
毎朝このメールを読んでから会社に行く人の気持ちを体験してみてください。
そして、自分の人生に対するモチベーション変化を是非実感してください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68479&m=174309&v=42bd2690
サポートメール1か月無料体験のお申込みはこちらから

---サポメ本文---
ラテラル思考入門 ~ その4 わからないことを受け入れる
6月19日 木曜日

ラテラル思考の4日目です。枠外の考えをすること、ボトルネックの解消に集中することをこれまであげてきましたが、次のポイントは

「ラテラルでは、自分1人の考えは当てにならないことを受け入れる」

という柔軟性です。これは何を言っているかというと、ある意味、

「さまざまなアイデアの中で実現出来るものはほんの少数だし、また、それらが実現されたとしても、思い通りボトルネックの解消につながるかどうかはわからない」

ということです。

例えば、クリメラキャッチというピアスのキャッチャーの開発には、シャープペンシルがヒントになったと言いましたが、実際の製品にはそのしくみではなく、別のしくみが使われています。それはなぜかというと、基本となる考え方を公開して、いろいろな工場を訪ねて、ようやく協力工場が見つかりましたが、そこで実際の大きさとか、実用性を考えたときに、別の方法の方が優れていると言うことがわかったため、変更になったからです。

しかし、重要なことは、もともとのアイデアが存在することそのものであり、その存在があったからこそ、いろいろな改良案が浮かぶわけです。したがって、ある意味、間違っているアイデアとか、荒唐無稽なアイデアだって、次につながるという役割があるので、全く問題ありません。

昨日の課題ではゲーム開発を主眼にしましたが、例えば、パチンコ・パチスロ業界では、ある意味、

「ありとあらゆるコンテンツ」

をためしています。それは、事前には何がヒットするかわからないからです。

その典型例が、パチンコを席巻した「海物語」というシリーズです。シンプルな画像と魚群などが特徴で、一時期、パチンコ台の半分以上がこの商品になりました。

けっこうこれもラテラルな商品で、

「非常に複雑だったコンテンツを整理して、簡易なアニメとさくさく感、そして、海というコンセプトに統一した」

ということから、中高年の圧倒的な支持を受け、いまでも後継機種が人気です。

これまで、パチンコメーカーは知らず知らずに「かっこいい、複雑な台」を作ってしまっていたのですが、そうではなくて「わかりやすい台」を作ることで圧倒的なシェアを獲得したわけです。

パチスロで大人気になった北斗の拳も、導入当初はそれほど人気が無かったのですが、「バトルボーナス」といわれる

「小さな当たりから始まって、それが継続すると大きな当たりになる」

というゲーム性の高いしくみが受けまして、大ヒットになりました。ただおもしろいことに、このパチスロの前には北斗の拳でパチンコも作っているのですが、こちらは全然売れずに、なくなってしまったそうです。

実際、パチンコもパチスロも、月に何機種も出てきては、ほとんどの機種が流行らないまま、消えていきます。ある意味、海物語も、北斗の拳も、売れた理由はあとからわかるわけで、メーカーは「可能性に賭ける」ということを繰り返しているだけなのです。

したがって、ゲームの企画案についての実は正解は

「なるべく多くの企画を作る」

です。ただし、それぞれの企画にこれまでなかった軸を出来る限り、入れ込んでください。海物語はシンプルさ、北斗の拳はゲーム性でした。

特にゲームの場合は「脳内報酬」がでることによって中毒性が生まれますので、どうやってそのような興奮させて、快楽を得るようなしくみを作り込むかが重要です。

いわゆる社会的な問題をゲームで学んだり、解決させようとするゲーミフィケーションのようなしくみが今ひとつうまくいかないのは、私はやはり、

「ゲームとしておもしろくないから」

だと思っています。脳内報酬を出させるためには

-ランダム性と実力のほどよいバランス
-勝ったり負けたりするバランス
-競争性のバランス
-五感に与える適度な刺激
-スキルが積み上がっていくことに対する報酬

などが必要です。

だから、サウンドエフェクトや画像のエフェクトが大事です。象さん(感情)が大喜びするゲームでないといけないのです。

今スマホで人気のゲームは、1位がパズドラ、2位が魔法使いと黒猫のウィズあたりだと思いますが、どちらもゲームとしてはよく似ています。キャラクターを揃えて、知恵を使って、バトルをして、ダンジョンを攻略したり、他の人と競い合うのです。

また、いまでも麻雀とゴルフと釣り、それに囲碁や将棋はゲームとして永遠の人気がありますが、みな上記のような要件を満たしています。

そう考えると、人気ゲームを開発するというのは至難の業だと言うこともわかると思います。だからこそ、アイデアをどんどん出して、一定の予算で作ることが出来るものならどんどん作ってしまい、市場で受けたら追加投資をするという組み合わせをするしかないわけです。

上記に対して、私がラテラルに考える軸をいれるとしたら、スマホという特徴を生かして、

「なるべくシンプルに、細切れ時間で出来る」

ものにしますので、例えば、昔なつかし「オホーツクに消ゆ」や「かまいたちの夜」のようなサウンドノベル系もいいと思いますし、「トルネコの冒険」のような無限RPGもいいと思います。落ちゲーでもいいですし、シミュレーションでもいい、ある意味、私だったら、新しく開発するのではなく、昔のすでに当たったゲームを掘り出します。

そして、
「これまで、ファミコンやPCでヒットした商品を、徹底してスマホの画面の大きさに合わせて再開発を行い、サウンドや画像エフェクトに大きな力を入れる」
というのが私の解答例です。

新しいものを開発するというよりは、北斗の拳が昔あった大ヒットコンテンツをリメイクしてうまくゲームに載せたように、これまですでにヒットしているコンテンツをスマホに載せるアイデアを考えていくわけです。

さらにいってしまうと、スマホの真のラテラルさは「課金のしくみ」にあります。無課金ユーザーがだいたい8割、課金ユーザーが2割、うち、課金ユーザーの内さらにヘビー課金ユーザーが2割ということで、なんと、たったの4%のユーザーが、全ユーザーのコストを支えているのです!! つまり、上記のゲーム群も、どこかに課金のしくみを入れ込まないといけない、ということになります。追加シナリオを買うのにお金がかかるとか、アイテムを買うのにお金がかかるとか、いろいろな発想はあると思いますが、課金ユーザーが喜んで払うしくみを作らないといけないわけです。

従って、
「ゲームそのものよりは、どのような形にすればみなが喜んでお金を払ってくれるか」
に注力することも追加します。

4日目の課題は
「不確実性な環境の元で、ラテラルに考えるときには不確実性を受け入れると言うことが必要だと言うことについて、これまで理解していましたか? 決め打ちでヒット品を探そう、作ろうとしていませんでしたか? さらに、スマホゲームの真のラテラルは課金のしくみにあることを理解していましたか?」
です。

ラテラルでは「試行錯誤や拡散系のアイデアの中で、これまで見えなかった軸を見つける」ということが重要です。

さて、今日の課題は
「売れる駅弁を作ってください」
です。

このメールはいま、東北新幹線の中で書いていますが、今朝、東京駅で買った駅弁は・・・でした。なので、心底、美味しい駅弁がほしいなぁ、と思っています。そのためのアイデアを募集します。


---ここまで---

いかがでしたか?
サポートメールでは一週間ごと(月曜日~日曜日)に1つのテーマで毎朝6時にメッセージをお届けしています。
また、サポートメールにお申込みいただくと、会員専用の勝間コミュニティをご利用いただけます。
勝間コミュニティでは、コメントの投稿機能、スケジューラー機能やイベント作成機能を実装し、みなさんでそれぞれの目標を達成できるようなシステムとなっております。

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68479&m=174309&v=42bd2690
サポートメールお申込みはこちらから
(1か月無料体験もございます)

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

-サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68479&m=174309&v=42bd2690
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

-勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68480&m=174309&v=e0de3db7
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



8/4(火) BSスカパー!「NEWSザップ」に出演します

登録日:2015/08/03
カテゴリ:出演情報

8月4日火曜日 17時55分より、BSスカパー!「NEWSザップ」に勝間和代が生出演します。



詳細は番組のホームページからどうぞ



http://www.bs-sptv.com/zap/news/



 




このエントリーをはてなブックマークに追加



8/3(月) テレビ朝日「Qさま」に出演します

登録日:2015/08/03
カテゴリ:出演情報

8月3日月曜日21時00分より、テレビ朝日「Qさま!!」に勝間和代が出演します。



今回のテーマは「答えるだけで脳が活性化! 脳科学者・茂木健一郎の挑戦状! 夏の脳力テストSP」です。



詳細は番組のホームページからどうぞ



http://www.tv-asahi.co.jp/qsama/



 




このエントリーをはてなブックマークに追加



夏は二輪車と相性が悪い・・・・

登録日:2015/08/03
カテゴリ:メールマガジン

8月3日 月曜日

こんにちは、勝間和代です。

毎年この季節、悩むのが

「夏の炎天下、自転車・バイクはきつい」

ということです。

日中、30度とか35度を超えてきますと、アスファルトの上で信号待ちしていると、そのまま熱射病で倒れそうになります。汗もだらんだらーーーんです。

走っているときには、風を感じるのでそこまで暑くないのですが、信号待ちや渋滞はとにかくつらい。なので、この季節はついつい、地下鉄やJRを使ってしまいます。だって、冷房効いてるんだもーーーーーん。

とはいえ、1年の内2ヶ月も使えない期間があるのは、せっかく雨の日対策はできたのですから、暑い日対策も考えたいと思います。

ファン付きの服とか売っていますが、いかんせん、服自体が長袖で暑いんですよねーーーー。ふーーーう。

---------------------------
本日の出演情報
---------------------------

本日 21時00分より、テレビ朝日「Qさま!!」に勝間和代が出演します。

今回のテーマは「答えるだけで脳が活性化! 脳科学者・茂木健一郎の挑戦状! 夏の脳力テストSP」です。

詳細は番組のホームページからどうぞ

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68458&m=175424&v=fb92b2ae

---------------------------
今週はサポメ試し読みキャンペーン中です!
---------------------------

今週は、この無料メールマガジンを読んでいる皆さんにこれまでに配信したサポートメールをお届けします。

サポートメールは勝間和代からのアツいメッセージを毎朝あなたのPCと携帯に届けるシステムです。
毎朝このメールを読んでから会社に行く人の気持ちを体験してみてください。
そして、自分の人生に対するモチベーション変化を是非実感してください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68459&m=175424&v=1c8f1439
サポートメール1か月無料体験のお申込みはこちらから

---サポメ本文---
ラテラル思考入門 〜 その3 ラテラルの基本は知識と発想のジャンプ
6月18日 水曜日

ラテラル3日目、焼き肉チェーンを考えていきましょう。ラテラルの基本は発想のジャンプですが、ジャンプをさせるときに、知識がないとまったくジャンプ出来ません。回転寿司もベルトコンベアの知識があったから、ジャンプ出来るわけです。

まず、焼き肉チェーンの問題点は何かというと、

「高い」

わけです。平均3000円弱。で、ちょっと想像してください。3000円分、回転寿司食べられますか(笑)?

で、3000円使ったときに、回転寿司と焼き肉、どちらの方が顧客満足度が高いでしょう。あるいは、回転寿司で1500円で得られる満足度に対して、焼き肉、2倍以上あるでしょうか?

正直言ってないと思います。ここが抜本的な問題なのです。すなわち、

「焼き肉チェーンの魅力を回転寿司並みか、それ以上にあげないといけない」

ということを機軸に、アイデアを考えていきます。

まず、なぜ焼き肉チェーンは高いのか

−肉が高い

のはもちろんありますが、ただ、充分に寿司も高いです。でも、さまざまな工夫で乗り切っているわけです。すなわち、ただ高いのではなく、一番の問題は

「回転率が悪い」

のです。そのため、回転寿司に比べて、人件費や店のコストの頭割り分が増えてしまいます。

なぜ回転率が悪いかというと、平たくいうと

「客が食べていない時間が長すぎる」

のです。

-注文した肉を待っている時間
-焼いている時間

などです。

つまり、ラテラルにものを考えると言うことは、同時に

「ボトルネックを探して、そこを解消するアイデアを練る」

ということがポイントです。

まず、注文した肉を待っている時間が長いのなら、例えば

「冷蔵ケースから勝手に持ってくる」
「食べ放題にして、値段管理をしない」

などの方法も考えられるでしょう。もちろん

「回転させる」

でもOKです。実際、温度管理をしたベルトコンベアの上を肉が回転する焼き肉チェーンもあります。

次、
「客に焼かせない」
ということもできるでしょう。

すなわち、注文を受けたら、焼いたものが出てくるのです。さらに究極、

「ほどよく専門家や、専門の機械が焼いた肉が回っている」

焼き肉チェーンがあれば、寿司のように充分な回転率があれば、流行るでしょう。そして、回転してまずくなった分は、ちゃんと廃棄するのです。

回転焼き肉チェーンはこんな感じであります。

回転席へご案内 http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68460&m=175424&v=1d2fb2d1

このアイデアがうまく生きるかどうかは、実際に言ってみるのが一番なので、三重県ですが、機会があったら訪問してみたいと思います。

ただ、やはり単価が高いので、全国に広まっていません。

すると、もう少し抜本的なアイデアを他にも練らないといけないでしょう。

私の基本的な発想としては、やはり

「客に焼かせる」

のがムダだと思っています。油も飛ぶし、においも付くし、だいいち、素人が焼いても美味しくない。

そういう意味では、私がひいきにしているホルモン焼き肉「在市」も、ごちゃまぜ焼きというメニューは「客に焼かせずに、店の人が焼きます」。そうすると、おいしい上に、客回転もあがります。

そして、こういった「お肉を食べさせる店」でものすごーーーく流行っているのはどこだかわかりますか?

実は
「牛丼チェーン」
です。

そして、松屋などは、まさしく、焼き肉定食を提供しています。お店の人が代わりに焼いて、回転しているわけです。

なので、私だったら、いっそのこと

「焼き肉定食チェーン」

を作ってしまうことでしょう。また、焼き肉チェーンにするとしても、客単価を1500円に固定して、1500円以内でできるチェーン店、例えば

−肉の種類はすでに決まっていて
−ご飯とみそ汁がセット
−客には焼かせない

みたいなことを考えます。

しかし、この手の新しいアイデアをなぜ出せないかというと

「既存のチェーン店への設備投資が無駄になったり、従業員の解雇が必要になる」

からです。

実は、牛角チェーンを作ったオーナーの西山さんは、すでに牛角を売ってしまいました。そのヒントは、まさしく、こういった

「既存の業態の行き詰まり」

にあるのです。

いずれにしても、大事なことは

「何を解決すればいいか」

というポイントを絞って回りを観察していると、突然、その答えが別業界からやってきたりしますので、ラテラルで大事なことは、ボトルネックを意識するという習慣になります。

3日目の課題は
「あなたは、焼き肉チェーンの課題も含めて、ボトルネックの解消という視点をもつ習慣がありますか? ないとしたら、これからどうやってつけていきますか」
です。

そして、次の課題は

「あなたはゲームの開発者です。最近はスマホで新しいゲームがどんどん出てきています。自分も何か新しいゲームを提供したいと考えています。どのようなゲームを企画すればいいか、企画案を出してください」

です。

既存の枠を外して、みなさん、楽しんでください!!

---ここまで---

いかがでしたか?
サポートメールでは一週間ごと(月曜日〜日曜日)に1つのテーマで毎朝6時にメッセージをお届けしています。
また、サポートメールにお申込みいただくと、会員専用の勝間コミュニティをご利用いただけます。
勝間コミュニティでは、コメントの投稿機能、スケジューラー機能やイベント作成機能を実装し、みなさんでそれぞれの目標を達成できるようなシステムとなっております。

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68459&m=175424&v=1c8f1439
サポートメールお申込みはこちらから
(1か月無料体験もございます)

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68459&m=175424&v=1c8f1439
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68461&m=175424&v=fa321446
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



プロ麻雀女流リーグ始まりました

登録日:2015/08/02
カテゴリ:メールマガジン

8月2日 日曜日

こんにちは、勝間和代です。

プロ麻雀では、将棋と同じく、女流リーグがあります。夏に試合があります。人数が少ないので、AとBしかありませんが、私は新人なので、Bリーグからスタートです。

予選の上位20パーセントが来年Aリーグに上がれるほか、女流最高位の準決勝に出られます。ハンチャン4回を4日間、計、16回の予選で決める短期勝負です。

予選の初日が7月30日にあり、とりあえずは1-2-2-2位で、なんとかボーダーラインよりは上に食い込むことができました。ただ、まだまだ予選は続きますから、油断はできません。

プロになった目標の一つが

・女流リーグの決勝戦にでること
・そして、最強戦の女子プロ枠に出ること

でしたから、やっとその一歩を歩き出したことになります。

46歳にもなって、こんなチャレンジの場を与えてくれる最高位戦プロ麻雀協会に感謝です!!

---------------------------
今週はサポメ試し読みキャンペーン中です!
---------------------------

今週は、この無料メールマガジンを読んでいる皆さんにこれまでに配信したサポートメールをお届けします。

サポートメールは勝間和代からのアツいメッセージを毎朝あなたのPCと携帯に届けるシステムです。
毎朝このメールを読んでから会社に行く人の気持ちを体験してみてください。
そして、自分の人生に対するモチベーション変化を是非実感してください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68430&m=175424&v=12e2c2d5
サポートメール1か月無料体験のお申込みはこちらから

---サポメ本文---
ラテラル思考入門 〜 その2 ラテラル思考のポイント
6月17日 火曜日

ラテラル思考では、オズボーンのチェックリストなどを使うことを推奨しましたが、ポイントはただひとつで

「思考の枠を取り払うこと」

に尽きます。なぜ、マッキンゼーが企業に高額で雇われるかというと、良くも悪くも、既存の

「フレームワーク」

を持っていないため、その枠外の思考を柔軟に出来るという特徴があるためです。

したがって、昨日の課題である

−お米とお魚の消費量を増やす

ですが、実はこれ、無限に可能性があります。

既存の枠は例えば何かというと

−お米は、家で白米を炊いて食べる
−お魚は、スーパーなどで買ってきて、家で調理して食べる

というのが前提で、それに外食が加わる程度です。

ですので、一番簡単なのは

「給食や定食で米・魚を増やす」

という方法ですね。これは、幼少期の食習慣を米・魚にするため、中長期的にはかなり効果があります。実際、アメリカが私たちにパンと牛乳を食べる習慣をつけたのもこれですし、マクドナルドが子どもにターゲットを絞ってマーケティングしているのも、それにあたります。

一方、既存の枠を取り払うとしたら、一番動かしたいのは

「価格帯」

です。米も、魚も、なぜ消費量が下がっているかというと、要は小麦や肉に比べて「コストパフォーマンス」が悪いからです。この部分を変えないと、いくら給食などで米・魚を食べさせるキャンペーンをしたとしても、おにぎりや魚釣りブームをしかけたとしても、徐々にまた、欧米風の食生活に戻ってしまいます。

まず、米から行きますが、米を究極的には「小麦はもちろんのこと、海外のお米に比しても価格競争力がある農業を育成する」ということが、究極的な目的になります。なぜ、政府のこれまでの農業政策に問題があるかというと、ここの抜本的な部分にまったく手をつけていないためです。

ただ、これですと、何がボトルネックになるかというと「既存の農家を守る」ということを政府がやり続ける限り、無理です。すなわち、農地の売買の自由化や、農地統合を行って、生産性の向上を促し、少なくとも現在の国内流通の小麦並み、できれば、それ以下に米の値段を下げることが出来れば、抜本的な対策になります。

そうすれば、安くなれば勝手に給食にも使われますし、流通しますし、海外にも輸出出来ますし、米粉などになって新しい菓子やパンが作られますから、ほっておいても消費量は増えるでしょう。

極端な話、ユニクロのような会社が農業を行えば、あっというまに価格が下がるわけです。問題は、そういうことを規制しているしくみだということに、行き着くことが出来ます。そして、そこを突破するためにどうするか、ということを考えるのがまた抜け道思考で、例えば私だったら

「わざとJA内の対立構造を作ってJAを弱体化させて、JA以外の勢力の台頭を待つ」

とか

「いっそのこと、農業票に頼っている政治家は申し訳ないけれども、農業票が高い地域の議席数を減らして、政治に影響を出ないようにする」

などが、考えとして浮かびます。

魚の方も、やはり、抜本的には

「コスパが悪い」

ということがボトルネックになっていますので、1つのアイデアとしては

「養殖をもっと盛んにする」

ということと、

「漁業権を国がいったん、すべて買い上げてしまって、統合して再入札を行って、既得権益の中で生産性が悪い部分を排除する」

など、極端な政策が考えられます。

もう少し身近なラテラルを思い出しましょう。お魚とお米を大量に使っている業界があります。それはどこかというと

「回転寿司業界」

です。米離れ、魚離れが進む中、回転寿司だけは急激に店舗数をふやし、焼き肉業界などのシェアを奪いながら成長しています。なぜ、回転寿司が流行るかというと、それはもう、

「圧倒的にコストパフォーマンスがいいから」

です。それは、大量に仕入れた魚、ものすごくITできっちりと管理された先進の入荷・調理及び在庫手法、そして、客への徹底したサービスが功を奏しているわけです。

これまで、高嶺の花だった寿司に

「回転して、客の回転をあげる」ということを1962年に大阪の立ち喰い寿司店経営者である白石義明さんが、なんと、

「工場のベルトコンベア」

を参考に作り上げた仕組みなのです。

オズボーンのチェックリスト2など、多用していますよね? 16万個を売っている落ちないピアスキャッチャー「クリメラキャッチ」も、原案を開発者の菊永さんは「シャープペンシルのしくみから考えた」といっています。

回転寿司でいうと、「人が握って届ける」ということを壊してしまったわけですし、ピアスキャッチャーも、あのような複雑な構造をあれほど小さいキャッチャーの中で実現出来るということを想像出来た、そのような

「枠外の思考力」

が鍵になるわけです。

今日の課題は
「あなたのお米、魚の答えは、何かの枠を越えることが出来ていたでしょうか? また、越えられないとしたら、何が問題だったと思いますか?」
です。

そして、新しい例題もまた出しておきます。
「あなたは、焼き肉チェーンの経営者です。最近、回転寿司やコンビニなどに押されて、売上が下落傾向にあります。どのようにして、焼き肉チェーンの売上や利益を増やせばいいのか、社長としてアイデアを考えてください」

どんどん枠外の発想をしてみましょう!!



---ここまで---

いかがでしたか?
サポートメールでは一週間ごと(月曜日〜日曜日)に1つのテーマで毎朝6時にメッセージをお届けしています。
また、サポートメールにお申込みいただくと、会員専用の勝間コミュニティをご利用いただけます。
勝間コミュニティでは、コメントの投稿機能、スケジューラー機能やイベント作成機能を実装し、みなさんでそれぞれの目標を達成できるようなシステムとなっております。

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68430&m=175424&v=12e2c2d5
サポートメールお申込みはこちらから
(1か月無料体験もございます)

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68430&m=175424&v=12e2c2d5
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68431&m=175424&v=f5ff6442
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加



海外で1週間過ごして、せっかく英語に耳慣れた頃に・・・

登録日:2015/08/01
カテゴリ:メールマガジン

8月1日 土曜日

こんにちは、勝間和代です。

カナダで1週間過ごして、せっかくすらすらと英語が出るようになった頃に、残念ながら、帰国です。

おもしろいなぁ、と思うのが、廊下ですれ違う度に

「ぐっもーにんぐ」

と言っていると、ついつい、日本人相手にも

「ぐっもーにんぐ」

なんて言ってしまいますね。

とにかく、前から主張していますが、語学は頭でなく、スポーツと同じく体で学ぶもの。声帯を震わせて出てくる言葉が自然に英語になるよう、トレーニングの時間を日本でも増やすことができたら、英語は楽になると思います。

そのためには、とにかく、たくさん聞くことですよね。聞けば、それをまねするだけですから!!

---------------------------
今週はサポメ試し読みキャンペーン中です!
---------------------------

今週は、この無料メールマガジンを読んでいる皆さんにこれまでに配信したサポートメールをお届けします。

サポートメールは勝間和代からのアツいメッセージを毎朝あなたのPCと携帯に届けるシステムです。
毎朝このメールを読んでから会社に行く人の気持ちを体験してみてください。
そして、自分の人生に対するモチベーション変化を是非実感してください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68378&m=175424&v=2283777f
サポートメール1か月無料体験のお申込みはこちらから

---サポメ本文---
ラテラル思考入門 〜 その1 ラテラル思考とは何か
6月16日 月曜日

先週1週間、フェルミ推定をやって好評だったので、思考シリーズで

「ラテラル思考」

を学びたいと思います。

私がラテラル思考という言葉に出会ったのは、いまから15年ほど前、マッキンゼーのコンサルタントをしていたころだと思います。どこかの本で読んだのですが、文脈で言いますと

「正面突破が難しい場合には、必ず抜け道・回り道を試みよ」

という話でした。特に、戦闘において、それができる武将は貴重だそうです。まさしく、織田信長も、豊臣秀吉も、徳川家康も、ラテラル思考の天才ですよね。

それ以来、私はもう、「ラテラル思考」を中心に物事を組み立てる癖がつきました。

例えば、一昨日の土曜日、勝間塾杯がブリストルヒルGCというところで行われ、君津のあたりなので、都心に帰るためには「アクアライン→湾岸」という「週末渋滞の名所」を通らないといけません。

まず、アクアラインの渋滞は「土日の午後5時台にアクアラインに乗らない」というのが大基本で、それは昨日クリアしたのですが、なんと、せっかくみなで夕日を見ながら夕食を楽しんで、午後8時半にアクアラインに乗ったのに、肝心のアクアラインはすいていたのですが、その後、東京に戻る湾岸線が、アクアライン出口から都心まで

「工事渋滞6キロ。通過に40分」

と表示されています。なので、東京に戻るのに、なんと、もうすでにすいている千葉経由でも、アクアライン経由でも、ほとんど同じ時間になって、どちらも1時間半強かかってしまいます。

東京に住んでいない人に解説しますと、アクアラインは、千葉の木更津と川崎を結ぶ海底トンネルで、これまで東京から千葉県に行くときには、ぐるっと陸沿いに回るので大変な時間がかかっていたのですが、一気に東京湾を横切って、1時間足らずで、内房にいけるようになった優れものの道路です。

ところが、アクアラインとそこにつながる湾岸道、1本道だから、とにかく朝晩、特に土日は渋滞します。また、湾岸線もいくつかジャンクションがあるのですが、だいたい、そのジャンクションが渋滞します。

ふつうに考えると、この程度の渋滞では、下の道を通ったとしてもほぼ同じくらい時間がかかってしまうことが予測されるため(遠回りになる+他の道路の部分が時速平均20-30キロくらいに落ちる)、渋滞を突き抜けるのが一番短い方法になります。

しかし、こういうときこそ、「ラテラル思考」を発揮しましょう。私が考えたのは、まさしく、抜け道方法で

その1 渋滞の部分のみを下の道を走る
その2 湾岸線と並行して走っている、首都高1号横羽線にどっからか乗る

の2つでした。そして、やったことは

−とりあえず、アクアラインを渡り終わったら、高速道路を下りてしまう
−とにかく、横羽線の方向にいって、あとはナビに任せる

でした。

そして、ナビが示した方法は、まさしくラテラルな方法で

「アクアラインから川崎線を経由して横羽線に乗るんだけれども、これだと横浜方向にしか行かないので、いちど川崎大師ICを下りて、下道からまた逆方向に乗り直して、東京に向かう」

でした。

あとで家に帰って調べたところ、この方法は渋滞対策としてはそれなりに有名らしく、東京方面から行くときにも、帰るときにも、使えるそうです。

そして、私が不思議だったのは「なぜ、多くの人はそこが渋滞しているとわかっていて、突っ込むんだろう」ということです。実際、勝間塾杯、他に車が何台か同時に東京に戻ったのですが、他の3台はみな、湾岸の渋滞に突っ込んだそうです(笑)。

ここで突っ込まなかったので、私は30分ほど早く、他の車より東京に着くことができたのですが、まさしくこれは

「ラテラル思考の習慣があるかどうかなのではないか」

と思いました。

もちろん、違う道を使えばリスクはありますし、渋滞にそのまま突っ込むより、かえって時間ががかるかもしれません。しかし、そこでまた違う方法を学べば、次にまた使えるようになる、という思想なのです。

ラテラルの基本は何かというと、

「拡散的に多数のアイデアを考えて、とりあえず、試してみる」

ということです。ですので、上記の抜け道も、横羽線だけではなく、第三京浜、第一京浜、産業道路、海岸道路など、多数の候補も同時に浮かぶ必要があります。

ラテラル思考をするときに、一番簡単なのは、オズボーンのチェックリストを使うことです。例えば、今回の抜け道は6の代用と、8の逆走する、を組み合わせたわけです。

1. 他に使い道はないか?(Put to other uses)
 そのままで新しい用途はないか?
 改造して他の使い道はないか?
 違う層へ提案できないか? 
 他の地域へ持っていったらどうか?

2. 他からアイデアを借りられないか?(Adapt)
 何か似たものはないか?
 何かの真似はできないか?
 歴史からアイデアを借りられないか?
 まったく違うカテゴリーからヒントを得られないか?

3. 一部を変更したらどうか?(Modify)
 商品の意味を変更したらどうか?
 色、動き、音、匂い、様式、型、場所を変化させたらどうか?

4. 大きくできないか?(Magnify)
 時間、頻度、強度、高さ、長さ、価値、材料を増大できないか?

5. 小さくできないか?(Minify)
 減らす、小さくする、濃縮する、低くする、短くする、軽くする、省略する、分割することはできないか?

6. 一部を代用できないか?(Substitute)
 人を、ものを、材料を、素材を、製法を、動力を、場所を代用できないか?

7. 並び方を変えられないか?(Rearrange)
 要素を、型を、レイアウトを、順序を、因果を、ペースを変えられないか?
 並びを作れないか?

8. 逆にすることはできないか?(Reverse)
 反転、前後転、上下転、左右転、役割転換させたらどうか?

9. 組み合わせができないか?(Combine)
 ユニットを、目的を、主張を、アイデアを組み合わせたらどうか?

そして、この手のラテラルを学ぶには、実は「例題」を解くのが一番手っ取り早いです。だから、私は頭の体操とか、天才パズルとかが大好きなのですが、ラテラルの特徴は

「答えは一つではない」

ということも強調しておきましょう。えーーー、それが答え、と思ったとしても、答えの一種として受け取っていいのです。

では、今日の課題です。

「あなたは、これまでラテラル思考をどのくらい習慣にしてきましたか? 正直に答えてください」

そして、例題も出しておきましょう。

「あなたは政府の要人です。このままで行くと、先週分析したとおり、日本人は魚もお米もどんどん食べなくなってしまうと言うことに、日本の漁業や農業の産業保護の観点や、文化の保護という観点から危機感を抱いています。さて、日本人の魚離れ、米離れを防ぐためには、どのような方策を立てればいいでしょうか?」

どんどんアイデアを考えてみてください。

ラテラルシンキング、1週間、楽しみましょう!!


---ここまで---

いかがでしたか?
サポートメールでは一週間ごと(月曜日〜日曜日)に1つのテーマで毎朝6時にメッセージをお届けしています。
また、サポートメールにお申込みいただくと、会員専用の勝間コミュニティをご利用いただけます。
勝間コミュニティでは、コメントの投稿機能、スケジューラー機能やイベント作成機能を実装し、みなさんでそれぞれの目標を達成できるようなシステムとなっております。

興味を持たれた方は、ぜひお申しこみください。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68378&m=175424&v=2283777f
サポートメールお申込みはこちらから
(1か月無料体験もございます)

---------------------------
「勝間塾」及び「サポートメール」のご案内
---------------------------

こちらのメルマガは無料ですが、さらに、みなさんのコミュニケーションと成長をサポートするための、定期・有料のプラットフォームを2種類、用意しています。

−サポートメールに入る(月額1008円、当初1ヶ月は無料体験あり)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68378&m=175424&v=2283777f
毎日届くサポートメールのサービスです。1週間に1つのテーマを扱っています。これまでの数年分のバックナンバーも読めます。また、コミュニティでみなが集うことで、1人1人の成長をサポートし、ペースメーカーとなります。

−勝間塾に入る(月額4937円、含むサポートメールサービス)
http://krs.bz/katsumaweb/c?c=68379&m=175424&v=c59ed1e8
毎日届くサポートメールに加え、毎月ごとに決まる課題や課題図書と月例会で、みなさんの仕事のスキルアップ、起業や出版、やりたい気持ちの維持、コミュニティでの仲間作りをサポートします。

オフ会や合宿も盛んです。学びたい仲間に出会うことができます。セミナーも、私以外にもさまざまな講師をお招きしています。

特に、ストレングスファインダーで「最上志向」「学習欲」「内省」「収集」などが多い方が多数集まっています。

ドリームキラーのない環境で、一緒に支え合って、成長していきましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加